脊髄レベル診断

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

1.脊髄損傷について 脊髄損傷の豆知識 脊髄損傷レベルと到達可能なADL 患者さんに必要な介助について、大まかに全介助、要介助、一部介助と分けることができます。 どの程度の介助が必要かは損傷レベルにより異なります。
脊髄障害の原因には、外傷、感染症、血流の遮断、骨折や腫瘍による圧迫などがあります。 ... 診断は、症状と身体診察および画像検査(MRI[磁気共鳴画像]検査など)の結果に基づいて行われます。

関連画像

この画像は障害高位診断の知覚 図3)脊髄硬膜外腫瘍頸髄における運動系と感覚系の 脊椎(脊柱)は、頸椎(首


★リンクテーブル★
関連記事脊髄」「」「ベル」「レベル」「診断

脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖



髄」

  [★]

pulpmarrowmedullapith
延髄穿刺果肉骨髄歯髄髄質パルプ赤色骨髄黄色髄

ベル」

  [★]

人名

生理的な音の感受性を考慮した音の強さの単位

bel
デシベル


レベル」

  [★]

level
水準標準平らにする準位

診断」

  [★]

diagnosis, Dx, diagnoses





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡