脂肪族化合物

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/20 20:30:17」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • エチレンジアミンとヒドロキシ酸から誘導される有機塩化合物のカラムナー液晶性とイオン伝導性
  • 小沼 祐己,吉田 勇介,金澤 昭彦
  • 日本液晶学会討論会講演予稿集 2010(0), PB35-PB35, 2010
  • … その結果,それらは非円盤状分子である脂肪族化合物であるにも関わらず,カラムナー相を示すことがわかった。 …
  • NAID 130004590434
  • 溶液中での分子識別の微少熱量計による研究
  • 木村 隆良
  • 熱測定 : netsu = Calorimetry and thermal analysis 36(2), 72-82, 2009-03-31
  • … また脂肪族化合物など極性官能基部分と無極性部分を系統的にデザインしたスルホキシド化合物との混合エンタルピーの測定から無極性相互作用と極性相互作用の効果を明らかにし,溶液内での脂肪族化合物の分子構造などについての結果を紹介した。 …
  • NAID 10025612715
  • 異なる3種の官能基を持つL-システイン酸とL-システインの反応性の同時解析
  • 今泉 洋,長澤 智史,狩野 直樹
  • Radioisotopes 55(12), 709-718, 2006-12-15
  • … (5)異なる3種の官能基を持つ脂肪族化合物について,A〝-McKayプロット法を使うと,その物質の反応性を,マスク剤等を使わないで非破壊的・同時分析的に明らかにできる。 …
  • NAID 10018449099

関連リンク

脂肪族化合物 しぼうぞくかごうぶつ aliphatic compound 鎖式有機化合物の別名。直鎖あるいは枝分れを含む鎖式の炭素骨格をもつ有機化合物をいう。いいかえれば、分子内に環式構造を含まず鎖式の構造のみから構成されている有機化合物 ...
脂肪族化合物 官能基 アルコール エーテル アルデヒド ケトン カルボン酸 エステル 油脂 セッケン 1. 官能基 2. アルコール 3. エーテル 4. アルデヒド 5. ケトン 6. カルボン酸 7. エステル 8. 油脂 9. セッケン "https://ja.wikibooks.org/w/index : ...

関連画像

数学・化学講師 佐藤学による 環式脂肪族化合物非環式脂肪族化合物センター試験から難関大学まで 理科〈化学〉脂肪族化合物 脂肪族化合物の構造決定


★リンクテーブル★
関連記事脂肪」「化合」「化合物」「脂肪族

脂肪」

  [★]

fat
トリアシルグリセロール脂肪酸



化合」

  [★]

combination
組み合わせ配合併用合併コンビネーション組合せ


化合物」

  [★]

compound
コンパウンド配合複方


脂肪族」

  [★]

fatty seriesaliphatic
脂肪性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡