胸腺依存領域

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ブタリンパ節の構築に関する組織学的および免疫組織化学的研究
  • 星 信彦,橋本 善春,北川 浩,昆 泰寛,工藤 規雄
  • 日本獣医学雑誌 48(6), 1097-1107, 1986-12-15
  • … 逆転型リンパ節として知られているブタリンパ節の一般形態, 節内リンパ流経路および胸腺依存領域について, 組織学的および免疫組織化学的に検索した。 … 抗ブタ胸腺細胞血清(ATS)を用いて示された胸腺依存領域は, 胚中心を除く広大な皮質様組織のほほ全域を占め, これらはPTLSおよびSCLSに面していた。 …
  • NAID 110003917465

関連リンク

T細胞系不全: 胸腺の発育異常による胸腺依存領域(リンパ節の傍皮質部、脾臓の中心 動脈周囲)のリンパ球減少が見らる。細胞性免疫不全であるが、液性抗体産生にも影響 を及ぼす。ウィルス、真菌、結核などに対する防御能が低下する。ツベルクリン反応は ...

関連画像

 精神的ストレス・依存症・禁煙ヒトパピローマウイルスの Copyright (C) 1997 T.SAITO. ALL LIGHTS 説明: Macintosh HD:Users:yousuketakahama


★リンクテーブル★
関連記事胸腺」「依存

胸腺」

  [★]

thymus (M)
  • HIS.244
  • 一次リンパ性器官

機能

  • T細胞を分化させる
  • 正の選択:自己のMHC+自己ペプチドに結合できるT細胞のみ生存
  • 負の選択:自己のMHC+自己ペプチドに強く結合するT細胞は死滅

解剖

血管の分布

リンパの分布

発生 L.337

  • 第3咽頭嚢の腹側翼から形成される


組織学

特徴

細胞

  • 皮質
  • 細網細胞
  • 髄質
  • 髄質上皮細胞





依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡