胸腹裂孔ヘルニア

出典: meddic

pleuroperitoneal diaphragmatic hernia
胸腹膜裂孔ヘルニアボホダレック孔ヘルニア Bochdalek孔ヘルニア Bochdalek herniaボホダレクヘルニアBochdalekヘルニア
先天性横隔膜ヘルニア横隔膜ヘルニア横隔膜
腰肋三角ヘルニア


概念

  • 胸腹裂孔の閉鎖障害により、ヘルニア門を通じて、腸管、脾臓、肝臓が胸腔に脱出する。左に多く(右2:左8)、ヘルニア嚢を欠く。
  • 患側肺、時に両側肺の低形成を伴う。
  • 治療成績は悪い
  • 成人に至ってから発症するものもある(遅発型胸膜裂孔ヘルニア)

疫学

  • 1/2000 (L.197)

病因

病変形成&病理

症状

  • 主訴:呼吸困難、チアノーゼ


  • 呼吸循環障害

合併奇形

診断

検査

治療

予後

  • 出生後24時間以内に緊急手術が必要な症例では予後不良
  • 生後24時間以降にまで手術を待機できるような症例は予後良好。


予防

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新生児に対する鏡視下手術
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 89(1), 19-26, 2014-03-25
  • NAID 110009804752
  • 両側胸腹裂孔ヘルニアに臍上部臍帯ヘルニア・下部胸骨欠損を合併した1例
  • 7. 右胸腔内腎を合併した右胸腹裂孔ヘルニアの1例(第42回 日本小児外科学会九州地方会)
  • 5.嘔吐を契機に発見された胸腹裂孔ヘルニアの1幼児例(第36回日本小児外科学会東海地方会)

関連リンク

関連画像

ボホダレック 孔 ヘルニア  ヘルニア の 画像診断 胸部原因 胎児 期 の 胸腹 裂 孔 の 先天性 横隔膜 ヘルニア 左


★リンクテーブル★
先読み横隔膜」「先天性横隔膜ヘルニア」「胸腹膜裂孔ヘルニア
リンク元横隔膜ヘルニア」「Bochdalek hernia」「Bochdalek孔ヘルニア」「Bochdalekヘルニア」「ボホダレクヘルニア
関連記事ヘルニア」「裂孔」「胸腹

横隔膜」

  [★]

diaphragm (Z,K)
diaphragma
  • 図:N.188,189

起始

停止

神経

機能

横隔膜を貫く器官 (N.189)

大動脈裂孔

高さ:T12

大静脈孔

高さ:T8

食道裂孔

高さ:T10

筋束を直接貫いているもの

裏側を通っている

体表解剖

  • 第5肋骨と右鎖骨中線との交点、及び第6軟骨と左鎖骨中線との交点について、これら2交点を結ぶ線

発生

  • 胸腔腹腔心腹膜管をとおして体の後壁に沿って連続している。
  • 発生第5週のはじめに背外側?から胸腹膜ヒダが現れてのびだし、横中隔および食道間膜と癒合する。
  • 発生第7週に胸腔と腹腔が分離する。

画像検査

胸部単純X線写真

  • 正常者の横隔膜の位置は後方第10肋間 (wikipedia ja)

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






先天性横隔膜ヘルニア」

  [★]

congenital diaphragmatic hernia, CDH
横隔膜ヘルニア

分類

病態

  • 胎児期に胸腔に突出した腸管により肺の形成が妨げられ、肺低形成を来す。
  • 腸管は胸腔に脱出するために、出生後腹部の陥凹(scaphoid abdomen)を認める。

検査

  • 胸腹部単純X線写真:腸管ガス像が胸部に認められる。
[show details]

参考

  • 1. [charged] 新生児における先天性横隔膜ヘルニア - uptodate [1]
  • 2. [charged] 先天性横隔膜ヘルニア:出生前診断および管理 - uptodate [2]

国試


胸腹膜裂孔ヘルニア」

  [★]

pleuroperitoneal hernia


横隔膜ヘルニア」

  [★]

diaphragmatic hernia, diaphragmatocele
hernia diaphragmatica
横隔膜胸腹裂孔ヘルニア


分類

発生の時期

  • 先天性
  • 後天性

横隔膜欠損部位

  • 成人のヘルニアの80-90%。50歳以上の女性に多い
  • 脱出臓器:胃
  • 滑脱型ヘルニア:胃の噴門部が胸腔内に滑脱 → 多い
  • 傍食道型ヘルニア:食道下部は横隔膜に下にあって、胃の一部が胸腔内に脱出
  • 脱出臓器:結腸、小腸
  • 小児のヘルニアの60%以上。左側に多い。 → 症状が重篤であれば緊急手術
  • 脱出臓器:大網、横行結腸
  • 発症頻度は少ない。右側に多い
  • 横隔膜の外傷によるヘルニア

国試



Bochdalek hernia」

  [★] 胸腹裂孔ヘルニアボホダレック孔ヘルニア


Bochdalek孔ヘルニア」

  [★] 胸腹裂孔ヘルニア


Bochdalekヘルニア」

  [★] 胸腹裂孔ヘルニア


ボホダレクヘルニア」

  [★] 胸腹裂孔ヘルニア


ヘルニア」

  [★]

hernia
脱腸
真性ヘルニア true hernia


  • 鼡径部ヘルニア



裂孔」

  [★]

hiatusesophageal hiatushiatal
食道裂孔


胸腹」

  [★]

thoracoabdominal
胸腹部




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡