胚性幹細胞

出典: meddic

embryonic stem cell, ES cell
ES細胞胚幹細胞




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/30 18:23:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 中空糸を用いた胚性幹細胞の肝分化誘導プロセス開発とバイオ人工肝臓への応用 (特集 再生医療と膜学の接点)
  • アクチビンAおよびレチノイン酸を用いたマウス胚性幹細胞から膵臓インスリン分泌細胞への分化について
  • 佐藤 嘉兵,山本 みずき
  • Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 29(1), 22-26, 2012-04-01
  • NAID 10030590554

関連リンク

胚性幹細胞(はいせいかんさいぼう、Embryonic stem cells)とは、動物の発生初期 段階である胚盤胞期の胚の一部に属する内部細胞塊より作られる ... ES細胞を樹立 するには、受精卵ないし受精卵より発生が進んだ胚盤胞までの段階の初期胚が必要と なる。 ...

関連画像

胚性幹細胞ES細胞(Embryonic Stem Cell: 胚性幹 胚性幹細胞性幹細胞の種類 | ヒト幹細胞 胚性幹細胞胚性幹細胞(ES細胞)および


★リンクテーブル★
リンク元embryonic stem cell」「embryonic stem cells
拡張検索ヒト胚性幹細胞
関連記事幹細胞」「胚性」「細胞

embryonic stem cell」

  [★] 胚性幹細胞胚幹細胞 ES cell

embryonic stem cells」

  [★] 胚性幹細胞胚幹細胞 ES cell

ヒト胚性幹細胞」

  [★]

human embryonic stem cell human ES cell

幹細胞」

  [★]

stem cell, stem cells
造血幹細胞

特徴

参考.1
  • 1. 多分化能:複数系統の細胞に分化できる。
  • 2. 自己複製能:細胞分裂を経ても多分化能を維持できる。
  • 3. 分化を抑制する遺伝子の発現
  • 4. テロメラーゼの発現
  • 不死細胞ではない。哺乳類の造血幹細胞では、一生の間に行う分裂は80-200回とされている?

細胞分裂の特徴

  • 分裂により2つの異なる細胞ができる:別の種類の細胞に分化したもの。同じ分化能を維持したもの。

参考

  • 1.


胚性」

  [★]

胎仔胎児性胎性胚芽胚体胎児期胎生期

細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡