胎盤機能検査法

出典: meddic

placental function test

和文文献

  • 生化学的胎盤機能検査法とその有用性の再検討
  • 日本産科婦人科學會雜誌 47(12), N-255〜N-258, 1995-12-01
  • NAID 110002111759
  • 胎盤機能検査法としてのplacentel leucine aminopeptidaseの研究ならびにplacental leucine aminopeptidaseとcystine aminopeptidaseの相関性について
  • 千葉医学雑誌 = Chiba medical journal 61(4), 259-269, 1985-08-01
  • NAID 110006179846
  • Prostaglandin E_2の母体・胎児・胎盤における内分泌動態へおよぼす影響

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事胎盤」「機能」「検査」「」「検査法

胎盤」

  [★]

placenta (Z)


発生

G10M.30 NGY.287
  • 妊娠7週から形成が始まり、妊娠4ヶ月末(妊娠15週末,妊娠前期末)に完成。妊娠10ヶ月末まで増大し続ける。

解剖

NGY.287
  • 正期産では500g、直径20cm、厚さは中央部で2cmの扁平な円盤状構造物である。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

機能

ガス・物質交換と代謝

単純核酸 酸素、二酸化炭素、遊離脂肪酸、脂溶性ビタミン、ナトリウム、カリウム、尿素、尿酸、薬剤の大部分、麻酔学
促進拡散 グルコース。GLUT1とGLUT3による
能動輸送 アミノ酸、水溶性ビタミン、カルシウム、リン酸塩、鉄、ヨード
エンドサイトーシス IgG, LDLコレステロール

薬物・毒物・感染性物質の胎盤通過性

  • 通過しやすい物質
  • 脂溶性・非イオン性薬剤、分子量≧600、非抱合型ステロイドホルモン、脂質
  • 通過しにくい物質
  • 水溶性・イオン性薬剤、分子量<1000、血清蛋白結合能の強い薬剤、ポリペプチドホルモン、抱合型ステロイドホルモン

ホルモン産生


機能」

  [★]

関数官能基機能性機能的作動手術操作官能性機能上運用操縦




検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


検査法」

  [★]

method of examination
検査方法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡