胎盤圧出法

出典: meddic

placenta expression, expression of the placenta
expressio placentae
ブラント・アンドリュース法




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胎盤圧出法 (胎児娩出の直前直後(特集))
  • 211. クレーデ胎盤圧出法の意義 : 待機分娩4148例の分析と考察 (II 一般演題 第7群 妊娠. 妊娠中毒症. 分娩)
  • 比嘉 良宗
  • 日本産科婦人科學會雜誌 21(8), 1029-1030, 1969-08-01
  • NAID 110002125451

関連リンク

2)胎盤圧出法. すでに胎盤剝離の徴候を示し,腹圧や軽い子宮底の圧迫を加えても なお胎盤が娩出され. ない時は,子宮底を輪状 ... 3)胎盤用手剝離. 胎盤が剝離し おおよそ20∼30分以内に胎盤が娩出する.最長で1時間が目安となる. 胎盤圧出法 によっても ...
④ Schro#der 徴候:胎盤$離前には球状を呈していた子宮体が,$離後は少し幅が狭. く なり,子宮底が上昇しかつ右傾する. これらのうち,$離を最も速やかに知る方法は,Ku #stner 徴候である. (2)胎盤圧出法. すでに胎盤$離時の徴候を示し,腹圧や軽い ...


★リンクテーブル★
リンク元ブラント・アンドリュース法」「胎盤遺残」「クレーデ胎盤圧出法」「ダンカン様式」「モヨン・ガバストウ胎盤充満法
拡張検索クレデ胎盤圧出法」「ミュラー胎盤圧出法」「ブラント・アンドリュース胎盤圧出法
関連記事胎盤」「

ブラント・アンドリュース法」

  [★]

Brandt-Andrews method, Brandt-Andrews maneuver
ブラント・アンドリュース胎盤圧出法
胎盤圧出法
  • 子宮内反を防ぎつつ胎盤を娩出する方法
  • ポイントとしては子宮を後上方に押し上げること。
この方法は正しいかわからん。

参考

  • C.産科疾患の診断・治療・管理 - 5.異常分娩の管理と処置 - 日産婦誌54巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/54/5406-139.pdf
[display]http://www.gpnotebook.co.uk/simplepage.cfm?ID=-1221263325
  • Brandt-Andrews technique of delivery of the placenta.
  • KIMBELL N
  • British medical journal.Br Med J.1958 Jan 25;1(5064):203-4.
  • PMID 13489363


胎盤遺残」

  [★]

retained placenta, retention of the placenta
retentio placentae
遺残胎盤胎盤残留
胎盤圧出法
[show details]

参考

  • 1. D.産科疾患の診断・治療・管理 10.異常分娩の管理と処置 - 日産婦誌61巻3号
http://www.jsog.or.jp/PDF/61/6103-062.pdf


クレーデ胎盤圧出法」

  [★]

Credé's method of expressing the placenta
Crede's maneuver, Crede's expression
胎盤圧出法

参考

  • 1.
[display]http://fn.bmj.com/content/83/2/F158.long
  • 2.
PMID 10952715


ダンカン様式」

  [★]

Duncan mechanism, Duncan's mechanism, Duncan's mode
ダンカン胎盤剥離様式 Duncan mazolysis modeDuncan様式
シュルツェ様式胎盤圧出法



モヨン・ガバストウ胎盤充満法」

  [★]

Mojon-Gabastou instillation of saline into umbilical vein
胎盤圧出法
  • 胎盤圧出法に組み合わせて用いる方法


クレデ胎盤圧出法」

  [★]

Crede method of placental expression
Crede胎盤圧出法
胎盤圧出法



ミュラー胎盤圧出法」

  [★]

Müller's expression of the placenta
胎盤圧出法


ブラント・アンドリュース胎盤圧出法」

  [★] ブラント・アンドリュース法

胎盤」

  [★]

placenta (Z)


発生

G10M.30 NGY.287
  • 妊娠7週から形成が始まり、妊娠4ヶ月末(妊娠15週末,妊娠前期末)に完成。妊娠10ヶ月末まで増大し続ける。

解剖

NGY.287
  • 正期産では500g、直径20cm、厚さは中央部で2cmの扁平な円盤状構造物である。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

機能

ガス・物質交換と代謝

単純核酸 酸素、二酸化炭素、遊離脂肪酸、脂溶性ビタミン、ナトリウム、カリウム、尿素、尿酸、薬剤の大部分、麻酔学
促進拡散 グルコース。GLUT1とGLUT3による
能動輸送 アミノ酸、水溶性ビタミン、カルシウム、リン酸塩、鉄、ヨード
エンドサイトーシス IgG, LDLコレステロール

薬物・毒物・感染性物質の胎盤通過性

  • 通過しやすい物質
  • 脂溶性・非イオン性薬剤、分子量≧600、非抱合型ステロイドホルモン、脂質
  • 通過しにくい物質
  • 水溶性・イオン性薬剤、分子量<1000、血清蛋白結合能の強い薬剤、ポリペプチドホルモン、抱合型ステロイドホルモン

ホルモン産生


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡