胃液分泌

出典: meddic

gastric secretion
胃分泌
精神性胃液分泌



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Helicobacter pylori 除菌療法が奏功した胃カンジダ症の1例
  • 宮原 孝治,稲葉 知己,野間 康宏,津崎 龍一郎,石川 茂直,馬場 伸介,和唐 正樹,妹尾 知典,永野 拓也,高口 浩一,河合 公三
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 51(3), 341-347, 2009-03-20
  • … 症例は75歳,女性.心窩部痛のため前医を受診.内視鏡にて胃体部にびらんを伴う小隆起性病変が散在し,生検組織で真菌を多数認めた.酸分泌抑制剤も抗真菌剤も無効であり紹介された.胃液分泌検査でBAO0.6mEq/hr,MAO1.49mEq/hrと低酸状態であり,<I>Helicobacter pylori</I>陽性であった.炎症改善と酸分泌回復を目的として除菌療法を行い,症状,内視鏡所見とも著明な改善を得た. …
  • NAID 10024848624
  • 牡蠣抽出物の胃液分泌
  • 五十嵐 香織,金山 洋介,本村 信治 [他]
  • 微量栄養素研究 24, 56-58, 2007
  • NAID 40015808256
  • 食肉成分が胃液分泌に及ぼす影響
  • 五十嵐 香織,金山 洋介,木村 修一 [他]
  • 微量栄養素研究 23, 74-76, 2006
  • NAID 40015330450

関連リンク

26 到達目標 6 胃液の作用と分泌機序を説明できる。大脳 脳幹 迷 走 神 経 血管 胃 壁 食 物 食 物 G S 壁 G S 壁 G S 嗅覚 味覚 十二指腸 壁細胞…塩酸を分泌 S細胞…セクレチンを分泌。 十二指腸に分布。ガストリン セクレチン G ...
胃液の分泌量や酸度、臭い、色などをチェックすることにより、胃炎の治療や、胃・十二指腸潰瘍の手術の参考にしたり、ゾリンジャー・エリソン症候群の診断を行なったりします。

関連画像

 胃液分泌的调节_简述胃液分泌胃液が分泌されるのはこんな時 胃酸分泌を抑制する薬物には 図8a 胃液分泌のしくみ 食べ物 を 溶かす 胃液 の 分泌胃 は 消化器 を構成する 器官


★リンクテーブル★
リンク元脳相」「胃酸分泌」「胃相」「頭相
拡張検索胃液分泌異常」「精神性胃液分泌」「胃液分泌過多」「胃液分泌欠乏」「胃液分泌機能検査
関連記事胃液」「分泌

脳相」

  [★]

cephalic phase
頭相胃液分泌


胃酸分泌」

  [★]

gastric acid secretion
胃液分泌


胃相」

  [★]

gastric phase
胃液分泌



頭相」

  [★]

cephalic phase
胃液分泌



胃液分泌異常」

  [★]

abnormal gastric secretion, abnormal acidity
過酸症低酸症


精神性胃液分泌」

  [★]

psychic gastric secretion
胃液分泌の反射相


胃液分泌過多」

  [★]

gastric hypersecretion, gastrorrhea
胃液漏


胃液分泌欠乏」

  [★]

gastric achylia
achylia gastrica


胃液分泌機能検査」

  [★]

gastric juice test


胃液」

  [★]

gastric juice



胃液の分泌

  • 1-2 L/day (2007年度後期生理学授業プリント)
  • 2-3 L/day (PT. 384)

定義

  • 胃腺から分泌される液体の総称

組成

1. 電解質:Na+,Cl-,K+,H+   特に、Cl-,H+の濃度が高い 2 .有機物:ペプシノゲンI、ペプシノゲンII、粘液、内因子

塩酸の機能

1. 蛋白分解(変性)作用、 2. ペプシンの至適pH (pH1.5-2.0)までpHを低下させる 3. ペプシノゲンをペプシンに変換する。  →ペプシンは不活性型(ペプシノゲン)で分泌され、塩酸と触れて初めて発生を持つ 4. 細菌発育阻害

各相の分泌調節機構

1. 頭相   全食事中の約1/2分泌   味覚、嗅覚(無条件性)   聴覚、視覚(条件性) 2. 胃相   全食事中の約1/2分泌   2-1) 食物流入→頭相による胃液の中和(pH↑)→G細胞のガストリン分泌抑制が解除される   2-2) 食物流入→胃体部・胃幽門洞拡張→胃壁伸展受容器→(迷走神経-迷走神経反射 or 局所反射)      →ACh→壁細胞が塩酸を分泌、G細胞がガストリンを分泌、主細胞がペプシノーゲンを分泌   2-3) 胃液→pH↓→粘膜受容器→局所反射→主細胞がペプシノーゲンを分泌   2-4) 食物中のペプチド、アミノ酸→G細胞がガストリンを分泌 3. 腸相   少量   糜粥→十二指腸粘膜からガストリンとセクレチン分泌の分泌→セクレチンにより主細胞からペプシノゲン分泌、HCO3-に富む膵液分泌

物質毎の分泌調節

1. 壁細胞による塩酸の分泌  塩酸分泌↑   細胞内における二次メッセンジャー(Ca2+、cAMP)の濃度上昇が引き金となり、Cl-チャネル活性化、H+-K+-ATPase活性化、K+チャネル活性化が起こる。    アセチルコリン→M3ムスカリン受容体→[Ca2+]↑    ヒスタミン→H2受容体→[cAMP]↑    ガストリン→ガストリン受容体→[Ca2+]↑  塩酸分泌↓   セクレチン,GIP→壁細胞の塩酸産生が抑制される。

2. 主細胞によるペプシノーゲンの分泌   迷走神経→ACh→主細胞がペプシノーゲンを分泌   pH↓→局所反射→主細胞がペプシノーゲンを分泌

臨床関連

  • 塩酸分泌を抑制するために、次のようなH2受容体遮断剤(抗潰瘍剤)が用いられている

  シメチジン cimetidine   ラニチジン ranitidine

胃液からの胃の保護

 胃粘膜防壁 Gastric mucosal barrier  1. 粘液分泌  2. 粘膜上皮細胞の増殖・分化    細胞新生が早く、3日で新しい粘膜に置換



分泌」

  [★]

secretion







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡