肺胞死腔

出典: meddic

alveolar dead space
死腔




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 呼気二酸化炭素モニター (特集 モニタリング : 病態把握の指標・ヒント) -- (臓器別編;呼吸器疾患診療におけるモニタリング)
  • 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine 40(1), 11-15, 2016-01
  • NAID 40020708908
  • 炭酸ガスモニターの解釈を極める
  • 若手奨励賞 高濃度吸入気酸素濃度は動脈血 : 呼気終末二酸化炭素分圧較差を増加させる (日本麻酔科学会第59回学術集会講演特集号) -- (2012年度学会賞記念講演)

関連リンク

死腔(しくう)とは、気道のうち血液とガス交換を行わない部分のことである。 死腔は解剖学的死腔と肺胞死腔、生理学的死腔に分類される。 解剖学的死腔とは呼吸器系の全容積のうち肺胞以外の部分(鼻腔~終末気管
死腔とシャントについて 呼吸について勉強する際には最低でも知っておきたい項目であるので、簡単ではあるが述べてみる。 1,死腔(dead space) 生理学的死腔 解剖学的死腔:気道そのもの、ガス交換に関与しない気道すべてを言う。

関連画像

解剖学的死腔を洗い流す 低酸素血症の機序-肺胞死腔WS000023 肺胞換気を維持する能力を決定心音図 とは限らない:死腔とシャント


★リンクテーブル★
リンク元解剖学的死腔」「生理学的死腔
関連記事肺胞」「」「死腔

解剖学的死腔」

  [★]

anatomical dead space
一回呼吸窒素試験死腔生理学的死腔肺胞死腔
  • およそ150mlあるらしい。
  • 死腔の大きさに影響するファクター:性差(男>女)、姿勢(立位>臥位)、年齢(高齢>若年)、肺気量(全肺容量)(正の相関)


生理学的死腔」

  [★]

physiological dead space
死腔肺胞死腔解剖学的死腔
  • ガス交換に関与しない気腔の総和。


肺胞」

  [★]

alveolus (Z), alveoli, pulmonary alveoli, alveoli of the lung
alveoli pulmonis
肺胞中隔


解剖

  • 表面積:80m2。40-120m2。(およそテニスコートの広さ) 参考によると 縦23.77m横10.97mの長方形だけど?
  • 48畳くらいか(ワンルームマンション6畳x8部屋分くらい) = 80(m2) / 1.65(m2/畳)。 1畳 ≒ 0.9(m) x 1.8(m) = 1.62 (m2) ← コンパネの大きさですね

組織

呼吸生理

  • 肺胞を押しつぶす力P, 肺胞の半径r, 表面張力T
P = 2T / r



腔」

  [★]

cavity
  • 体組織中にできた空洞。



死腔」

  [★]

dead space, respiratory dead space





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡