肺リンパ球増殖性疾患

出典: meddic

pulmonary lymphocyte proliferative disease


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 22. 肺野の嚢胞を伴うスリガラス影(GGO)と中枢気道の隆起病変を認め,シェーグレン症候群に合併した肺リンパ球増殖性疾患の1例(第1079回千葉医学会例会・第3回呼吸器内科例会(第17回呼吸器内科同門会))
  • 北園 聡,岡田 理,黒須 克志,廣島 健三
  • 千葉医学雑誌 80(5), 223, 2004-10-01
  • NAID 110004667604

関連リンク

菌状息肉症は、皮膚に原発する非ホジキンリンパ腫です。Tリンパ球細胞が悪性化して皮膚を侵す悪性リンパ腫のひとつで、皮膚に症状が出現する病気です。発生原因は明らかでありません。 菌状息肉症は、長い経過をたどった後に ...
論文名 著者名 著者所属 刊行物名 ISSN 巻 号 ページ 出版者 参考文献 出版年 年から 年まで すべて CiNiiに本文あり CiNiiに本文あり、または連携サービスへのリンクあり 論文検索
特集:肺のリンパ球増殖性疾患とその周辺 肺リンパ腫―肺リンパ増殖性疾患の病理― 太田 聡ほか 181 肺のリンパ球増殖性疾患の画像 村山貞之ほか 190 肺リンパ腫の治療 臼杵憲祐ほか 198 Lymphomatoid Granulomatosis 216 229 ...

関連画像

組見本組見本図13 黄色ブドウ球菌による血行 好酸球性肺炎5.jpg特発性間質性肺炎の分類


★リンクテーブル★
リンク元濾胞性気管支・細気管支炎」「pulmonary lymphocyte proliferative disease
関連記事」「リン」「疾患」「リンパ球増殖性疾患」「増殖性

濾胞性気管支・細気管支炎」

  [★]

follicular bronchitis and bronchiolitis, FB
肺リンパ球増殖性疾患


pulmonary lymphocyte proliferative disease」

  [★] 肺リンパ球増殖性疾患

肺」

  [★]

lung
肺区域肺野呼吸器の上皮の移行
  • 図:M.78 N.204(肺のリンパ系),197(肺区域)

解剖

  • 重量:右:500g, 左:400g
  • 葉:右3葉、左2葉
右上葉、右中葉、右下葉、左上葉、左下葉

発生

L.247
  • 肺の上皮、喉頭、気管、および気管支の内面を覆う上皮 → 内胚葉
  • 気管および肺の軟骨性要素と筋要素、結合組織 → 中胚葉(臓側中胚葉)
NGY.283
  • 妊娠16週頃:気管、気管支が分岐し腺状構造をなす(腺状期)
  • 妊娠16-24週頃:管状構造を形成し、毛細血管が上皮に接触する。(管状期)
  • 妊娠28週頃:毛細血管が肺胞腔に露出

機能

  • 呼吸

肺の構造

SSUR.323
区分 気管支腺 軟骨 平滑筋 弾力線維
気管 2+ 3+ 2+ 4+
葉気管支 2+ 3+ 3+ 3+
区域-小気管支 2+ 2+ 3+ 3+
肺小葉 細-終末気管支 3+ 3+
肺胞道 呼吸細気管支
肺細葉
肺胞/肺胞嚢 2+

臨床関連

  • 肺の打診 (M.72)

胸部X線解剖

  • 右第1弓:上大静脈
  • 右第2弓:右心房
  • 左第1弓:大動脈弓
  • 左第2弓:肺動脈幹
  • 左第3弓:左心房(左心耳)
  • 左第4弓:左心室




シルエットサイン

  • 右第2弓:(陽性)[上葉]内側中葉区(S5)、[下葉]内側肺底区(S7)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)????  → 陰性だったら背面の区域、つまりS6,S10と考えて良いのではないだろうか?
  • 左第4弓:(陽性)[上葉]上舌区(S4)、下舌区(S5)、[下葉]前内側肺底区(S7+8)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)??? → 同様にS6,S10と考えて良いのでは?

肺のリンパ節

肺区域

  • 左肺は心臓があるために、右とは異なる形状・肺区域を有する。
  • S1とS2はまとめてS1+2と呼ばれる
  • S7とS8はまとめてS7+8あるいはS8と呼ばれる ← 心臓が左胸腔に全内側に突出しているからと考える
  • 背側にある区域は2・6・10と覚えよ

臨床関連

  • 分葉異常:奇静脈の走行異常による右上葉の奇静脈葉が最も多い(QB.I-295)





リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





疾患」

  [★]

disease, disorder, disturbance, illness, sickness, malady
疾病病気
疾病障害乱れ無秩序病害病気病弊



リンパ球増殖性疾患」

  [★]

lymphoproliferative disorder
伴性劣性リンパ球増殖症候群リンパ増殖性障害X連鎖リンパ増殖性疾患ダンカン症候群


増殖性」

  [★]

productiveproliferativeproliferatingmultiplicativeproductively
生産的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡