肩手症候群

出典: meddic

shoulder-hand syndrome
有痛性骨萎縮症反射性交感神経性ジストロフィー複合性局所疼痛症候群1型スデック萎縮


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳卒中肩手症候群に対する星状神経節近傍光線療法の効果
  • 渡部 一郎,須郷 麻衣子
  • Biomedical thermology : the journal of the Japanese Society of Thermorogy = 医学・生物学サーモロジー 28(2), 48-51, 2009-01-20
  • NAID 10024782906
  • 1-5-25 体温計を利用した手温測定-第2報 : 肩手症候群患者における評価の試み(脳卒中(評価(1)),口演,一般演題,リハビリテーション医学の進歩"評価から治療介入へ",第45回日本リハビリテーション医学会学術集会)
  • 松灘 里佳,中川 裕美子,中川 雄二,門 祐輔,中村 紀子
  • リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 45(SUPPLEMENT), S170, 2008-05-18
  • NAID 110006836071

関連リンク

はじめに・ ガングリオン・ 手の変形・ 手根管症候群・ 肘部管症候群・ 撓骨管症候群・ キーンベック病・肩手症候群・ 手の外傷・ 感染症 ... 肩手症候群は反射性交感神経性 ジストロフィ(痛み: 神経障害性の痛みを参照)の1種で、侵された側の肩と手に、痛みと 運動 ...

関連画像

インフォームドコンセントとは 群馬県高崎市の股関節専門治療  肩 手 症候群 肩 手 症候群肩手症候群になる理由肩手症候群は上の絵にあるよう 図版引用:運動機能障害症候群


★リンクテーブル★
先読み反射性交感神経性ジストロフィー
国試過去問107E027
リンク元複合性局所疼痛症候群1型」「スデック萎縮」「有痛性骨萎縮症
関連記事症候群」「」「症候

反射性交感神経性ジストロフィー」

  [★]

reflex sympathetic dystrophy RSD, reflex sympathetic dystrophy syndrome
有痛性神経ジストロフィー algodystrophy反射性交感神経ジストロフィー
ズデック骨萎縮


参考

  • 1. 反射性交感神経性ジストロフィー - nurs
[display]http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/o/o427.htm



107E027」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107E026]←[国試_107]→[107E028

複合性局所疼痛症候群1型」

  [★]

complex regional pain syndrome type I、(abrv)CRPS type I
有痛性骨萎縮症反射性交感神経性ジストロフィー肩手症候群複合性局所疼痛症候群I型スデック萎縮


スデック萎縮」

  [★]

Sudek's atrophy、Sudeck's atrophy
有痛性骨萎縮症反射性交感神経性ジストロフィー肩手症候群複合性局所疼痛症候群1型、Sudek萎縮、Sudeck萎縮


有痛性骨萎縮症」

  [★]

algodystrophy
反射性交感神経性ジストロフィー肩手症候群複合性局所疼痛症候群1型スデック萎縮
-algodystrophy


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡