肝臓病食

出典: meddic

和文文献

  • パネルディスカッション(群馬県肝臓病食懇話会記録)
  • 新井,神田,高木,竹澤,中島
  • The KITAKANTO medical journal 55(2), 206-208, 2005-05-01
  • NAID 110001801444

関連リンク

自覚症状がなくても、異常があれば直ちに治療を! 肝臓病の多くは、自覚症状がありません。 肝臓は予備能力が大きく、かなり病気が進行しないと症状が出ないのです。 肝臓が“沈黙の臓器”と呼ばれるのはこのため。
食事は肝臓病の治療の一部としてとても大切です。これは何を食べるかによって肝臓の働きに影響を与えるためです。肝臓のコンディションに合わせて、あなたの食事療法を調整しましょう。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事肝臓」「」「肝臓病

肝臓」

  [★]

liver
肝臓の病理肝区域
  • 図:N.279-283

発生学的由来

  • 発生第3週の中頃に、前腸末端における内胚葉性上皮芽として現れる。
  • 造血細胞、クッパー細胞、結合 組織細胞は横中隔の中胚葉に由来
  • 肝芽は横中隔(心膜腔と卵黄嚢柄)との間の中胚葉板に進入

肝臓の周辺の膜

肝臓に関係する血管

解剖

  • 体重の約2%。1.2-1.5kg。(YN.B-2)

参考資料

肝臓研究室
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/intmed3/medical_3.html

組織

肝臓の病理

体表解剖

  • 第4肋間以下のレベルで貫通する障害を受けたとき、肝臓が損傷する。

肝区域

機能

  • 物質の合成と貯蔵 → (肝障害時)低下:アルブミン、凝固因子、補体、LCAT、コレステロール、コリンエステラーゼ
  • 解毒
  • 血糖コントロール
  • 胆汁の合成分泌
  • 血液循環と濾過
  • 血液循環:肝循環の調整、血清Na, Kの調整 → (肝障害時)腹水、Kプールの減少
  • Kupffer細胞による菌・有害物の貪食 → (肝障害時)易発熱性

薬物代謝 PPC.51

  • phase I: oxidation, reduction
  • phase II: hydrolysis, conjugation

年齢との関連

  • I相:加水分解、酸化、還元 :加齢により低下
  • II相:抱合 :不変

酵素

肝酵素

画像

CT


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




食」

  [★]

phago、(天文)eclipse
エクリプス覆い隠す


肝臓病」

  [★]

liver diseaseliver disorder
肝疾患肝障害




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡