肝冠状間膜

出典: meddic

coronary ligament of liver (N,KH,Z)
coronary ligament (KL)

-肝臓を覆う腹膜が横隔膜を覆う腹膜に移行するところ(KL)

coronary ligament of liver

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 161.Recklinghausen病患者に合併した肝冠状間膜原発と考えられる巨大平滑筋肉腫の1例(消化器2 : 肝, 一般講演・示説, 第30回日本臨床細胞学会総会・学術集会)
  • 今村 真治,雑賀 興慶,高本 充章,坂梨 四郎,日下部 正,森川 政夫
  • 日本臨床細胞学会雑誌 28(2), 275, 1989-03-22
  • NAID 110001281503

関連リンク

肝臓周囲の間膜 肝鎌状間膜: 肝臓の上面で左右に分かれて横隔膜の下面を覆う腹膜と合流。肝円索(←臍静脈)を入れる 肝冠状間膜前葉 肝冠状間膜後葉: 肝臓の下面から背面を這い上がり、前葉と合流する際に三角間膜を ...
×本ウェブサイトのご使用を続行することで、クッキーポリシーを受諾することになります。詳細
... 期の臍静脈が遺残した索状の肝円索に接着し,その上端は肝臓の上面で左右に離開し,冠状間膜へと移行し,さらに左右の三角間膜となって,横隔膜の下面へ翻転している。… 【漿膜】より …漿膜下組織は薄い疎性結合組織から ...

関連画像

 肝冠状間膜、肝十二指腸間膜のイメージ 3イメージ 2


★リンクテーブル★
リンク元肝臓」「小網
関連記事」「間膜

肝臓」

  [★]

liver
肝臓の病理肝区域
  • 図:N.279-283

発生学的由来

  • 発生第3週の中頃に、前腸末端における内胚葉性上皮芽として現れる。
  • 造血細胞、クッパー細胞、結合 組織細胞は横中隔の中胚葉に由来
  • 肝芽は横中隔(心膜腔と卵黄嚢柄)との間の中胚葉板に進入

肝臓の周辺の膜

肝臓に関係する血管

解剖

  • 体重の約2%。1.2-1.5kg。(YN.B-2)

参考資料

肝臓研究室
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/intmed3/medical_3.html

組織

肝臓の病理

体表解剖

  • 第4肋間以下のレベルで貫通する障害を受けたとき、肝臓が損傷する。

肝区域

機能

  • 物質の合成と貯蔵 → (肝障害時)低下:アルブミン、凝固因子、補体、LCAT、コレステロール、コリンエステラーゼ
  • 解毒
  • 血糖コントロール
  • 胆汁の合成分泌
  • 血液循環と濾過
  • 血液循環:肝循環の調整、血清Na, Kの調整 → (肝障害時)腹水、Kプールの減少
  • Kupffer細胞による菌・有害物の貪食 → (肝障害時)易発熱性

薬物代謝 PPC.51

  • phase I: oxidation, reduction
  • phase II: hydrolysis, conjugation

年齢との関連

  • I相:加水分解、酸化、還元 :加齢により低下
  • II相:抱合 :不変

酵素

肝酵素


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




小網」

  [★]

lesser omentum (Z)
omentum minus
小網膜
肝冠状間膜肝胃間膜網嚢胃結腸間膜



膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン


間膜」

  [★]

mesentery
漿膜




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡