肝ミクロソーム

出典: meddic

liver microsome

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 3種類のハーブエキスの肝シトクロムP450に対する影響と医薬品との相互作用の可能性
  • 横谷 馨倫,千葉 剛,佐藤 陽子,中西 朋子,村田 容常,梅垣 敬三
  • 食品衛生学雑誌 54(1), 56-64, 2013
  • 3種類のハーブエキス(セイヨウカノコソウ,サラシア,ブラックコホシュ)の肝シトクロムP450(CYP)に対する影響をマウスのin vivo実験ならびに肝ミクロソームを用いたin vitro実験で検討した.セイヨウカノコソウでは肝CYPに対する影響は認められなかった.ブラックコホシュでは4.5%まで投与量に依存した肝臓重量の増加,総CYP含量とCYP(2B,3A)活性の上昇が認められた.サラシアでは …
  • NAID 130003369272
  • ヒト肝ミクロソームのチトクロームP-450活性へのスギナエキスの影響と血中薬剤との相互作用予測
  • 安達 弥永,安保 智子,藤島 美紀 [他]
  • 生活衛生 54(2), 137-145, 2010
  • NAID 40017118472
  • 新規サプリメントと医薬品の相互作用を予見する
  • 久保田 隆廣,吉岡 慎一,川越 信秀 [他],豊田 剛史,石橋 範人,鈴木 信孝
  • 日本補完代替医療学会誌 7(2), 67-74, 2010
  • 薬物間相互作用に関する情報は医薬品の副作用発現を回避するために有用です.安全性に対する取組みは同じく健康食品やサプリメントにも求められています.薬物―サプリメント間の相互作用に関する情報は,薬の吸収・分布・代謝・排泄らの薬物動態過程を理解したうえで検討することが極めて重要です.なかでも薬物体内動態における相互作用は,薬物代謝酵素であるチトクロム P450 (CYP) の阻害や誘導によるものが大半を …
  • NAID 130000422871

関連リンク

体内での化学物質や医薬品の代謝変換を研究する領域(薬物動態、安全性、発ガン性 、変異原性など)ではヒトや動物の組織画分が試薬として使われます。特に肝組織を 細胞膜(ミクロソーム)や可溶性画分(サイトゾール)に分けたものがよく使われます。

関連画像

酸 と ラット 肝 ミクロソーム ラット肝ミクロソーム中のブス 肝ミクロソーム・その他CYP3Aマウス由来肝ミクロソーム  肝 ミクロソーム に 対 するヒト肝ミクロソーム細胞抽出液


★リンクテーブル★
関連記事」「ミクロソーム」「ミクロ

肝」

  [★]

liverhepatichepato
肝性肝臓、(漢方医学)五臓

漢方医学

  • 五行論で木に相当する臓器概念が「肝」

機能

  • 1. 精神運動を安定化させる
  • 2. 血を貯蔵して全身に栄養を供給する
  • 3. 骨格筋のトーヌスを維持する

失調

  • 肝虚 → 神経過敏、イライラ、易怒性、頭痛、痙攣


ミクロソーム」

  [★]

microsome
  • ミクロソームは細胞をホモジェナイズした際に断片化された膜器官(主に小胞体)が再び閉じて形成された小胞
  • 細胞をホモジェナイズした際に得られる小胞とRNAの多い分画をミクロソーム分画という
  • 小胞体(粗面小胞体)に一致する


ミクロ」

  [★]

micro
微小マイクロ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡