職業的リハビリテーション

出典: meddic

vocational rehabilitation

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 特別寄稿 視覚障害者の職業的リハビリテーションとしての理学療法士養成教育(第2回)
  • 松原 勝美
  • リハビリテーション (486), 34-38, 2006-08
  • NAID 40007458309
  • 特別寄稿 視覚障害者の職業的リハビリテーションとしての理学療法士養成教育(第1回)
  • 松原 勝美
  • リハビリテーション (485), 42-45, 2006-07
  • NAID 40007377117

関連リンク

障害をもっているが故に職業に就くことが困難になっていたり、維持していくことが 難しくなっている人にも、職業を通じた社会参加と自己実現、経済的自立の機会を 作り出していく取り組み、これが職業リハビリテーションです。
障害者がその障害の特性にあった職業に就き、定着できるようにすることを目指すリハビリテーションの過程です。職業相談、指導、能力評価、職域の開発、訓練、職業紹介、就職後のフォローなどを行います。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みvocational rehabilitation
関連記事リハビリテーション」「職業的」「」「リハビリ

vocational rehabilitation」

  [★]

リハビリテーション」

  [★]

habilitation
rehabilitation
社会復帰更生更生指導、回律指導、回律訓練

ICFモデルに基づく介入

  • 機能障害
  • 機能障害の改善
  • 合併症の予防と治療
  • 活動制限
  • 残存機能の強化
  • 日常生活動作の訓練(残存能力の応用による機能障害の克服)
  • 補助具の仕様(義肢、装具、杖、車椅子)
  • 参加制約
  • 家屋の改造
  • 周囲の人間の意識の変化
  • 教育の機会の確保
  • 職業的自立の援助
  • 経済的自立の保証
  • 社会参加、レクリエーションへの援助
  • 生活環境の整備

国試

  • 急性期のリハビリは肺葉症候群を避け、なるべく早く離礁させるためのリハビリを行う。また、脳血管障害に合併することが多い嚥下障害に対して、誤嚥性肺炎や脱水を避けるために摂食・嚥下の評価を行う。(QB.J-36)



職業的」

  [★]

occupationalvocationaloccupationallyvocationally
職業性業務業務上

的」

  [★]

target
ターゲット標的

リハビリ」

  [★] リハビリテーション




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡