耐熱性溶血毒

出典: meddic

thermostable direct hemolysin TDH
腸炎ビブリオ食中毒


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 細菌毒素100年の謎を解く : 腸炎ビブリオ耐熱性溶血毒の不思議な性質
  • 中平 久美子,柳原 格
  • 化学と生物 49(6), 366-367, 2011-06-01
  • NAID 10028273354
  • LAMP法による耐熱性溶血毒遺伝子陽性Vibrio parahaemolyticusの海産魚介類からの検出法
  • 山崎 貢,青木 日出美,山田 貞二 [他]
  • 愛知県衛生研究所報 (61), 19-29, 2011-03
  • NAID 40018934260

関連リンク

食中毒原因菌の腸炎ビブリオの毒性は加熱してもなぜ消えないのか? - 腸炎ビブリオの耐熱性溶血毒(TDH)の構造 ... 大阪府立母子保健総合医療センター、大阪大学微生物病研究所、横浜市立大学らの共同研究グループは ...
腸炎ビブリオ食中毒は下痢あるいは堪えがたい腹痛を主症状とする腸管感染症で,老年者ではまれに低血圧,心電図異常などの症状を起こし,死に至ることもある.主たる病原因子は耐熱性溶血毒(TDH)であり,いくつかの変異体も ...

関連画像

腸炎ビブリオ菌の下痢原性に 我妻培地を用いた腸炎ビブリオ  の 耐熱性 溶血 毒 試験感染性胃腸炎の代表的な原因


★リンクテーブル★
リンク元腸炎ビブリオ食中毒
関連記事溶血」「耐熱性」「

腸炎ビブリオ食中毒」

  [★]

Vibrio parahaemolyticus food poisoning
腸炎ビブリオ腸炎ビブリオ感染症食中毒菌食中毒


  • 食中毒の機序:感染型-生体内毒素型
  • 潜伏期:6-20時間  ←  分裂時間が8-10分と短いとはいえ生体内毒素なので、黄色ブドウ球菌より遅い、と思う。
  • 症状
  • 急性胃腸炎:下痢(水様性、粘液便、血便)、発熱、腹痛  ←  感染型なので発熱あり



溶血」

  [★]

hemolysis, hematolysis
HELLP syndrome
溶血性疾患 see → OLM.125

溶血と臨床検査

  • 採血した血液の溶血により影響の大きい測定項目はLDHASTである。
  • しかしながら下表によれば、LDH、Fe、酸ホスファターゼ、カリウム、AST、ALTの順に影響が大きいとある。

血清と赤血球の生化学成分の濃度差

LAB.465
成分 単位 血漿 赤血球 赤血球/血漿
クレアチニン mg/dl 1.1 1.8 1.63636363636364
非タンパク性窒素 mg/dl 8 14.4 1.8
Mg mEq/l 2.2 5.5 2.5
非糖性還元物質 mg/dl 8 40 5
ALT IU/l 30 150 5
AST IU/l 25 500 20
カリウム mEq/l 1.1 100 90.9090909090909
酸性ホスファターゼ IU/l 3 200 66.6666666666667
Fe ug/dl 100 9700 97
LDH IU/l 360 58000 161.111111111111
アルギナーゼ IU/l trace 12 >1,000,000


耐熱性」

  [★]

thermostabilityheat toleranceheat resistancethermostableheat-resistant
熱安定性耐暑性

毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡