緩衝能力

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 膝半月板被覆部の軟骨・骨複合体は構造的に脆弱である
  • 飯島 弘貴,青山 朋樹,伊藤 明良,太治野 純一,張 項凱,長井 桃子,山口 将希,広瀬 太希,井上 大輔,秋山 治彦,黒木 裕士
  • 日本理学療法学術大会 2012(0), 48101677-48101677, 2013
  • … な値を示した(P<0.01).【考察】軟骨の層構造の中で表層は力学的な支持機構として重要視されている.本研究により表層〜中間層での基質成分に乏しいcovered areaでは過度なメカニカルストレスに対する緩衝能力が低いことが示された.圧縮試験結果でのcovered areaでの高いpeak stressもそれを裏付ける結果となった.この環境下で軟骨・骨複合体に高い圧縮応力が加わると骨密度が低い領域で骨梁の微小骨折を起こし軟 …
  • NAID 130004585857
  • 埋め戻し材を用いた岩盤中の酸化還元緩衝能力に関する原位置試験
  • 村上 裕晃,天野 由記,雨宮 浩樹,佐々木 祥人,岩月 輝希,吉川 英樹
  • 日本原子力学会 年会・大会予稿集 2012f(0), 608, 2012
  • … 本試験では,ボーリング孔を埋め戻し材と想定されている掘削ズリとベントナイトの混合物で一定期間埋め戻し,埋め戻し材の影響下における岩盤・地下水および微生物が有する化学的緩衝能力の評価を試みた。 …
  • NAID 130005051907
  • 幌延深地層研究所における地下施設の建設に伴う深部地下水の地球化学特性変化
  • 宮川 和也,天野 由記,南條 功,村上 裕晃,薮内 聡,横田 秀晴,岩月 輝希
  • 日本地球化学会年会要旨集 58(0), 82-82, 2011
  • … 化学特性とを比較し,施設建設に伴う周辺の水理・地球化学環境の変化についての考察を報告する.施設建設開始後数年では,地下水の化学条件変化は坑道直近に限られることが示され,この理由として,割れ目などの連結性が乏しい低透水性層では地下水の湧出量が少ないことや,堆積岩中に含鉄鉱物や硫化物,微生物などが多く含まれており,岩盤自体に環境変化に対する十分な緩衝能力があることが考えられる. …
  • NAID 130005054473

関連リンク

すなわち,後者の場合には,溶液中の水素イオンの濃度をできるだけ一定に保とうとする能力(緩衝能)があるわけで,このような溶液を緩衝溶液または緩衝液という。一般に,ある酸とその共役塩基との混合物を用いるとpHについての ...
緩衝能とは、 酸または塩基を加えた時に生じるpHの変化を抑制しようとする尺度の事。 緩衝能の定義としては、 1Lの溶液のpHを1pHだけ変化させるのに必要な強塩基のmol数。 また、微分と緩衝溶液の濃度とpHから、 緩衝能力 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事」「緩衝」「緩衝能

力」

  [★]

powerforcestrengthenergy
エネルギー強制強度、能力、羃乗威力強弱勢い力を与える動力を供給する
ニュートンダイン


緩衝」

  [★]

bufferingbufferbuffer
緩衝液緩衝化緩衝作用緩衝剤バッファバッファーリリーフ


緩衝能」

  [★]

[[]]
buffbring capacity
[[]]


buffbring capacity




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡