緩和ケア

出典: meddic

palliative care
対症療法緩和医療緩和療法hospice care



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/09 19:25:37」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 多様化する看取り : 緩和ケアを通して見えてくるもの
  • 心身医学分野で若年の心理士が高齢者の心理的援助について悩み,学んだこと : 認知行動療法の理論,技法を活かしながら(高齢者医療に必要な心身医学的知識,2012年,第53回日本心身医学会総会ならびに学術講演会(鹿児島))
  • 小山 憲一郎,網谷 東方,浅川 明弘,乾 明夫
  • 心身医学 53(4), 325-333, 2013-04-01
  • … 若年の心理士にとって高齢者臨床にはさまざまな難しさがある.緩和ケアにおける心理療法では傾聴,共感が重要視されるが,特に死に関する不安,抑うつは非常にデリケートな問題で,その漠然とした方法論は若年の心理士にとって必要であるが,不十分であるようにも感じている.本稿では,前半で高齢者緩和ケアにおける心理的問題とそのケアについて認知行動療法をベースにレビューし,後半において筆 …
  • NAID 110009596683
  • 11. 静座不能の治療に難渋した子宮頸癌の1例 : 化学・放射線療法と制吐薬の関与(一般演題,第70回日本心身医学会東北地方会演題抄録)
  • 岩橋 成寿,國井 啓子,本多 つよし
  • 心身医学 53(3), 275, 2013-03-01
  • NAID 110009593316

関連リンク

がんによる、痛みや辛さをやわらげる。「緩和ケア」の正しい知識を、ひとりでも多くの人に知ってもらうために。厚生労働省委託事業として緩和医療学会が「オレンジバルーンプロジェクト」を立ち上げました。
ホスピスならびに緩和ケアの発展に寄与するため、ホスピス財団(公益財団法人日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団)は、ホスピス及び緩和ケアに関する調査および研究を行うこと等により、もって国民の保健医療の向上を目的と ...

関連画像

実際に、早い段階から緩和ケア  附属病院 緩和ケア | 緩和ケア緩和ケア|日本赤十字社 松山 がん緩和ケア室│がんセンター 緩和ケア内科について : 緩和 緩和ケア内科について : 緩和


★リンクテーブル★
国試過去問105E065」「107D053」「099F017」「106G026」「107E028
リンク元対症療法」「緩和療法」「緩和医療
拡張検索緩和ケア病棟
関連記事ケア」「

105E065」

  [★]

  • 次の文を読み、63-65の問いに答えよ。
  • 58歳の男性。呼吸困難を主訴に来院した。
  • 現病歴   2年6か月前から転倒しやすくなったため、自宅近くの診療所を受辞し、右下肢の筋力低下を指摘された。上肢の筋力低下も出現し、2年前に総合病院の神経内科で筋萎縮性側索硬化症(ALS)の診断を受けた。介護保険サービスを利用しながら在宅療養していたが、半年前から球麻痺症状が出現し、徐々に発声量が低下した。2、3日前から微熱と鼻汁とがあり、喀痰の量が増加し、喀痰排出が困難となって、呼吸困難が出現した。
  • 既往歴   特記すべきことはない。
  • 生活歴   管理職であったが、発症後退職した。専業主婦の妻との2人暮らし。子どもは2人いるが、それぞれ独立している。
  • 現症   意識は清明。身長172cm、体重54kg。体温37.2℃。脈拍72/分、整。血圧112/78mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)88%。咽頭に軽度発赤を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。胸郭の動きは不良である。腹部所見に異常を認めない.直腸指診で前立腺に肥大を認めない。構昔障害は強いが、かろうじて単語レベルでのコミュニケーションが可能である。下肢の筋萎縮が著しく、筋力低下のため歩行困難で常時車椅子を使用している。排泄、入浴は全介助である。上肢の筋力は著しく低下し、食事は全介助で、水分摂取にはとろみを要する。
  • 検査所見  血液所見:赤血球386万、Hb 11.4g/dl、Ht 38%、白血球 9,200、血小板 24万。血液生化学所見:血糖 96mg/dl、総蛋白 6.0g/dl、アルブミン 3.2g/dl、尿素窒素 14mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、AST 38IU/l、ALT 30IU/l、LD 204IU/l(基準176-353)、Na 136mEq/l、K 4.0mEq/l、Cl 98mEq/l。CRP 1.0mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.38、PaCO2 50Torr、PaO2 55Torr、HCO3- 30mEq/l。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。
  • その後の経過   頻回の喀痰吸引でSpO2は93%まで改善し、その後解熱し呼吸困難も消失した。本人と家族は在宅療養の継続を強く希望しており、その準備のためのカンファレンスを開催することになった。
  • 今後の意思決定を支援するために本人と家族とに説明を行った。
  • 説明内容として正しいのはどれか。
  • a 呼吸困難緩和ケアの対象外である。
  • b 胃癌造設後は経口摂取が不可能である。
  • c 家族リビングウイルを変更することができる。
  • d 人工呼吸器装着の事前意思決定は変更することができない。
  • e 自分の意思を伝えることがさらに困難になってくる可能性がある。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E064]←[国試_105]→[105E066

107D053」

  [★]

  • 61歳の男性。健康診断時に胸部エックス線写真で異常を指摘され、精査のため来院した。3か月前から易疲労感、1か月前から右殿部痛を自覚していた。最近3か月でkgの体重減少があった。既往歴に特記すべきことはない。身長170cm、体重62kg。体温36.2℃。脈拍88/分、整。血圧152/88mmHg。呼吸数15/分。SpO2 95%(room air)。右頸部と右鎖骨上とに径2cmのリンパ節をそれぞれ1個触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部に異常を認めない。血液所見:赤血球360万、Hb 11.5g/dl、Ht 35%、白血球6,800、血小板29万。血液生化学所見:総ビリルビン0.5mg/dl、AST 33IU/l、ALT 28IU/l、LD 440IU/l(基準176~353)、クレアチニン0.8mg/dl。CRP 1.0mg/dl。胸部エックス線写真(別冊No.27A)、肺野条件の胸部CT(別冊No.27B)及び胸部造影CT(別冊No.27C)を別に示す。気管支鏡による生検で肺腺癌と診断された。骨シンチグラムで右坐骨に集積を認めた。
  • 治療として適切なのはどれか。2つ選べ。




[正答]


※国試ナビ4※ 107D052]←[国試_107]→[107D054

099F017」

  [★]

  • 68歳の男性。1年6か月前に、直腸癌に対して直腸切断術を受けた。1週前の胸部エックス線写真で異常陰影が認められた。現在自覚症状はなく、全身状態は良好である。血清CEA値は19.8ng/ml(基準5以下)で、胸腹部CTで右肺下葉に径2cmの結節性病変を1個認めた。それ以外に異常はない。
  • この患者の治療方針として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099F016]←[国試_099]→[099F018

106G026」

  [★]

  • a 疼痛緩和オキシコドンは使用しない。
  • b 緩和ケアは癌終末期に限定された医療である。
  • c 緩和ケアは死を早めることも遅らせることもしない。
  • d Kubler-Rossの死の過程では、虚脱の次に怒りに至る。
  • e 全人的苦痛(トータルペイン)に身体的苦痛は含まれない。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G025]←[国試_106]→[106G027

107E028」

  [★]

  • 緩和ケアについて正しいのはどれか。
  • a 医療用麻薬の投与は避ける。
  • b がんの診断後に早期から行う。
  • c 意識障害の患者は対象としない。
  • d モルヒネ体性痛に有効である。
  • e 経済的苦痛は身体的苦痛に含まれる。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E027]←[国試_107]→[107E029

対症療法」

  [★]

symptomatic treatment symptomatic therapy
palliative carepalliative therapypalliative treatment
姑息療法緩和医療緩和療法緩和ケア



緩和療法」

  [★]

palliative carepalliative treatmentpalliative therapy
対症療法姑息療法緩和医療緩和ケア


緩和医療」

  [★]

palliative medicine
対症療法緩和療法緩和ケア


緩和ケア病棟」

  [★]

palliative care unit PCU


ケア」

  [★]

care
看護心配世話注意治療介護


和」

  [★]

sum
要約合計




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡