線維腫症

出典: meddic

fibromatosis
線維腫



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 神経線維腫症1型に生じた蝶形骨形成異常を伴ったびまん性神経線維腫の1例
  • 吉田 雄一,山元 修
  • 日本小児皮膚科学会雑誌 = Journal of pediatric dermatology 30(3), 211-213, 2011-10-31
  • NAID 10029837152
  • 特発性歯肉線維腫症の1例
  • 山本 哲彰,宮本 郁也,山下 善弘,久鍋 司,山内 健介,石川 文隆,高橋 哲
  • 九州齒科學會雜誌 : Ky◆U016B◆sh◆U016B◆-Shika-Gakkai-zasshi 65(2), 48-51, 2011-08-25
  • NAID 10029335636

関連リンク

この病気は公費負担の対象疾患です。公費負担の対象となるには認定基準があります。 認定基準 臨床調査個人票 臨床調査個人票 1. 神経線維腫症Ⅰ型(レックリングハウゼン病)とは 神経線維腫症は、皮膚、神経を中心に人体の ...
神経線維腫症 - 様々な脳腫瘍や脳神経の病気について説明しています。さわむら脳神経クリニックで診療しています。Eメールによる相談や手術治療も受け付けています。 ... 神経線維腫症1型 (NF-1)と神経線維腫症2型 (NF-2) について ...
神経線維腫症(レックリングハウゼン病)による側湾症の手術の後遺症で脊髄損傷となり車椅子生活となった管理人のページです。 神経線維腫症(レックリングハウゼン病)について-脊損の部屋

関連画像

神経線維腫症I型 Celebrities, artists 2008 March « neof vestibular schwannomas. Neurofibr 神経線維腫症nf1診断: 全身性神経線維腫症


★リンクテーブル★
拡張検索神経線維腫症1型」「神経線維腫症2型」「神経線維腫症1型遺伝子
関連記事」「線維腫」「線維

神経線維腫症1型」

  [★]

neurofibromatosis type 1, NF1
フォン・レックリングハウゼン病, (国試)von Recklinghausen病, von Recklinghausen's disease, von Recklinghausen disease皮膚弛緩症
神経線維腫症
[show details]


概念

病因

  • NF1の変異。17q11.2に座乗。ニューロフィブロミンをコード。rasに関係する系を抑制する癌抑制遺伝子。

遺伝

疫学

  • 3000出生に1人
  • 60-70%が孤発例

病変形成&病理

症状

皮膚症状

骨症状

  • 脊柱や胸郭の変形。四肢骨の変形。約半数の症例で見られる。

眼症状

中枢神経

精神症状

  • てんかん発作、精神遅滞

合併症

  • 骨腫瘍、白血病

診断

  • 長径1.5cm以上のカフェオレ斑が6個以上存在すること

診断基準(NIH)

◎以下の所見のうち、2つ以上を有すること.

  • 1. 5mm以上のカフェオレ斑が6個以上(思春期前)。15mm以上のカフェオレ斑が6個以上(思春期後)
  • 2. 2つ以上の神経線維腫か、末梢神経内に1つ以上の神経線維腫
  • 3. 腋窩あるいは鼠径部の色素斑
  • 4. 眼窩内の神経線維腫
  • 5. 2個以上のLisch結節
  • 6. 骨の異常
  • 7. NF1の家族歴

検査

治療

  • カフェオレ斑:レーザー治療、皮膚剥削術
  • 神経線維腫:外科切除

予後

  • 生命予後は良好

参考

  • 1. NEUROFIBROMATOSIS, TYPE I; NF1
[display]http://omim.org/entry/162200


神経線維腫症2型」

  [★]

neurofibromatosis type 2 NF2, neurofibromatosis type II NF II, neurofibromatosis 2
神経線維腫症II型
神経線維腫症1型 neurofibromatosis type 1 NF1

概念

  • 中枢神経系良性腫瘍
  • 両側の聴神経線維腫を伴う → 聴神経線維腫症

病因

遺伝

疫学

  • 5-10万人に1人

症状

難聴、めまい、平衡覚の異常

合併症

診断

検査

治療

診断基準(NIH)

以下の1つ以上を満たす。
  • 1. CT かMRIでの診断で認めた両側聴神経の腫瘍
  • 2. NF2の家族歴があり、本人が一側性の聴神経腫瘍を有するか、神経線維腫髄膜腫神経膠腫神経鞘腫、若年性白内障のうち2つを有していること。

予後

  • 予後不良。
  • 多発性頭蓋内腫瘍が再発を繰り返す



神経線維腫症1型遺伝子」

  [★]

neurofibromatosis 1 geneNF1 gene
NF1遺伝子


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


線維腫」

  [★]

fibroma
線維腫症



線維」

  [★]

fiber, fibre





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡