線維素性炎

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

繊維素性炎症(せんいそせいえんしょう)とは、滲出物が多量のフィブリノゲンを含む血漿 でなる炎症のこと。 生体組織の滲出液中で線維素(フィブリン)が析出し細網伏をようし、 漿膜、粘膜、肺などに好発する。 また、粘膜の線維素性炎症は、咽頭、喉頭、 ...
線維素性炎 血管透過性の亢進が高度になり、滲出液の中に多量の線維素を含む場合 をいう。この型の炎症は肺胞腔、体腔及び粘膜に起きやすい。たとえば、大葉性肺炎 では滲出液が吸収された後に、肺胞腔内に形成された線維素網の分解、吸収が不十分 な ...

関連画像

 線維素性血栓形成を伴う間質性線維素性炎(線維素性心外膜炎 線維素性 滲出物、壊死組織 height=360http://muvetmed.agr.iwate-u.ac.jp/gif height=360


★リンクテーブル★
関連記事」「線維

炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


線維」

  [★]

fiber, fibre





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡