線溶現象

出典: meddic

fibrinogenolysis
-ユーグロブリン溶解時間


-線維素溶解
線溶


-血餅溶解試験


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床検査室におけるFDPとD-ダイマー測定の現状 (特集:静脈血栓塞栓症)
  • 巽 典之,桜井 錠治
  • 医学と生物学 149(11), 437-443, 2005-11-10
  • NAID 40007026247
  • 血液中の細胞・蛋白高分子の磁界配向と血液凝固・線溶現象
  • 竹内 道広,岩坂 正和,上野 照剛
  • 電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会 1999(93), 91-94, 1999-09-16
  • NAID 10019125515

関連リンク

線溶現象 せんようげんしょう fibrinolysis フィブリン (線維素) 溶解現象のこと。血液凝固作用によって生じた不溶性線維 (血管内の血栓など) が,プラスミンによって可溶性のフィブリノペプチドに分解される現象をいう。クモ膜下出血 ...
記事「線溶現象」に関する感想・その他のコメントはこちらで。 記事の編集に関わる議論・質問は「線溶現象」の掲示板でお願いします。 comments powered by Disqus このページの最終更新日時 2016年8月30日 (火) 11:48 ウィキまとめ ...
FDP、Dダイマーはともに、フィブリンが溶ける「線溶現象」を調べる検査です。体の中に血栓ができていれば線溶現象が亢進し、FDP、Dダイマーが高い値を示します。播種性血管内凝固症候群や肺塞栓症など、血栓を起こす病気を発見 ...

関連画像

血栓があると線溶現象が が できて いれば 線 溶 現象  素溶解(線溶)現象 と呼びます線溶系の活性化どちらも、血液の線溶現象を  と「線溶系」に分けられます


★リンクテーブル★
リンク元線維素溶解」「線維素溶解現象
関連記事現象」「線溶

線維素溶解」

  [★]

英:fibrinolysis
線溶/線溶現象フィブリン溶解/フィブリン溶解現象線維素溶解現象
PT.264
  • プラスミンによるフィブリンの溶解
  • 組織の血餅を数日かけて除く
  • フィブリンはプラスミンによりX,Y,D,Eの4破片に分解される。



線維素溶解現象」

  [★]

fibrinolysis
線維素溶解線溶現象フィブリン平板法


現象」

  [★]

phenomenonphenomenaeventphenomenal

国試ででそうな現象


線溶」

  [★]

fibrinolysisfibrinolytic
線維素溶解線維素溶解性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡