網膜症

出典: meddic

retinopathy
クロロキン網膜症血管痙縮性網膜症高血圧性網膜症





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/20 08:39:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 糖尿病網膜症はなぜ起こる? (特集 ゼロから学ぶ糖尿病 病態生理イラスト事典) -- (糖尿病と関連する疾患編)
  • 荒木 久澄,宇津 貴
  • 糖尿病ケア 8(4), 353-357, 2011-04
  • NAID 40018788300
  • 糖尿病網膜症の病態と治療

関連リンク

糖尿病網膜症とは、糖尿病が原因で目の中の網膜が障害を受け、視力が低下する病気です。進行すると、網膜剥離や緑内障などの病気を併発し、失明に至ることも。糖尿病網膜症の症状・原因・手術・治療方法をご紹介します。
ある程度網膜症が進むと、視野の中に煙の煤のようなものや、蚊のような小さな虫が飛んでいるように見える「飛蚊症」が現れます。また、網膜で出血が起こると、視野に黒いカーテンがかかったような感じがします。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み高血圧性網膜症
国試過去問098A051
リンク元クロロキン網膜症」「retinopathy」「retinal disease」「網膜疾患
拡張検索未熟児網膜症」「色素性網膜症」「家族性滲出性硝子体網膜症」「糖尿病性網膜症
関連記事網膜」「

高血圧性網膜症」

  [★]

hypertensive retinopathy
retinopathia hypertonica
高血圧網膜症
シャイエ分類。(高血圧性眼底高血圧眼底。高血圧性網膜症の概念の中だが、より軽度なもの?)
[show details]


概念

  • 高血圧により網膜細動脈にもたらされた変化により生じる網膜の病的変化
  • 網膜細動脈は狭細化と口径不同となり、網膜の循環障害により、出血、網膜浮腫、綿花状白斑、硬性白斑がもたらされる。

分類 (SOP.131)

  • 高血圧による眼底変化は二軸に分類される。
  • 1. 動脈硬化性変化:∝高血圧の期間
  • 2. 高血圧性変化 :∝高血圧の重症度

1. 動脈硬化性変化(SOP.132)

  • 網膜における細動脈の硬化性変化のことである。
  • 高血圧により血管壁が肥厚して透明性を失う結果、血管壁の反射が変化する
  • 肉眼所見における変化
  • (血管壁反射の亢進) → 銅線化(銅線動脈) → 銀線化(銀線動脈)
  • 細動脈硬化により硬化した動脈周囲の不透明化、静脈の圧排、軸方向の伸張
  • 組織学的変化:内皮・弾力線維・結合織の増殖、内膜の硝子様変性

2. 高血圧性変化(SOP.132)

  • 血圧上昇が緩徐:細動脈の狭小化 ∝ 血圧。走行は直線的。
  • 血圧上昇が急激:血管の拡張。走行は蛇行屈曲 → 細動脈の太さが不均一 → 毛細血管前動脈の閉塞による綿花様白斑、透過性亢進による出血・浮腫・硬性白斑 → 乳頭浮腫
  • 血圧上昇が高度で急激(急性腎炎、妊娠高血圧):(網膜)細動脈の線維素性壊死を生じ、細動脈の口径不同・網膜浮腫・綿花様白斑、出血、乳頭浮腫、星状白斑。(脈絡膜)血管攣縮 → 毛細血管前菜動脈の閉塞 → 網膜色素上皮の壊死

高血圧眼底と細動脈硬化の程度分類(SOP.132)

キース・ワグナー分類 Keith-Wagener分類

  • 0群:正常
  • I群:わずかな血管腔狭小化・動脈硬化
  • II群:銅線動脈交叉現象
  • III群:口径不動・軟性白斑・星状斑、そのほか滲出物・網膜浮腫・様々の形の出血。
  • IV群:乳頭浮腫
I群・II群:慢性高血圧 or 本態性高血圧
III群・IV群:急性に著しく血圧上昇が起こったときなどに

シャイエ分類 Scheie分類

細動脈硬化(S)

  • I度:動脈壁反射亢進、交叉現象軽度
  • II度:反射亢進がより著明、交叉現象中等度
  • III度:銅線動脈、交叉現象著明
  • IV度:銀線動脈

高血圧性変化(H)

  • I度:わずかの細動脈細小を認めるもの
  • II度:細動脈に口径動脈が加わる
  • III度:出血・白斑が加わる
  • IV度:乳頭浮腫



098A051」

  [★]

  • 62歳の男性。下肢の浮腫と視力低下とを主訴に来院した。50歳ころ、ロ渇、多飲および体重減少が認められたが放置していた,身長170cm、体重72kg。血圧174/92mmHg。眼底に多数の点状出血、しみ状出血および軟性白斑があり、白内障も認める。両下肢に浮腫があり、アキレス腱反射は消失している。尿所見:蛋白3+、糖1+。血清生化学所見:空腹時血糖172mg/dl、総蛋白5.8g/dl、アルブミン2.8g/dl。尿素窒素34mg/dl、クレアチニン1.4mg/dl、Na140mEq/l、K4.2mEq/l、Cl 102mEq/l。
  • この患者の治療で適切なのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 098A050]←[国試_098]→[098A052

クロロキン網膜症」

  [★]

chloroquine retinopathy
クロロキン網膜症
  • クロロキンの長期服用により両眼性に生じる網膜症である。
  • 症状:



retinopathy」

  [★] 網膜症

WordNet   license wordnet

「a disease of the retina that can result in loss of vision」

retinal disease」

  [★]

網膜症網膜疾患

retinopathy

網膜疾患」

  [★]

retinal disease
網膜症


未熟児網膜症」

  [★]

retinopathy of prematurity, ROP
未熟網膜症、水晶体後部線維増殖症, 水晶体後線維増殖症, 後水晶体線維増殖症, retrolental fibroplasia, RLFテリー症候群, Terry syndrome
経皮酸素分圧監視特発性呼吸窮迫症候群
[show details]

予防

  • PaO2≦80mmHg (QB.O-107)



色素性網膜症」

  [★]

pigmentary retinopathy
網膜色素変性症桿体錐体ジストロフィー色素上皮網膜変性


家族性滲出性硝子体網膜症」

  [★]

familial exudative vitreoretinopathyFEVR


糖尿病性網膜症」

  [★] 糖尿病網膜症, diabetic retinopathy, DR


網膜」

  [★]

retina
眼球



  • 図:SP.275,

組織学

  • 10層よりなる (SP.275)
構造 細胞体
脈絡膜
網膜
1 色素上皮層   色素上皮細胞 pigment epithelium cell
2 杆体錐体層 rod and cone layer    
3 外境界膜      
4 外顆粒層 outer nuclear layer 視細胞 photoreceptor
5 外網状層 outer plexiform layer    
6 内顆粒層 inner nuclear layer 双極細胞 bipolar cell
水平細胞 horizontal cell
アマクリン細胞 amacrine cell
7 内網状層 inner plexiform layer    
8 神経節細胞層 ganglion cell layer 神経節細胞 ganglion cell
9 神経線維層 optic nerve fiber layer    
10 内境界膜      
  • 視細胞層(外顆粒層)には以下の細胞が存在


臨床関連


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡