経腹的アプローチ

出典: meddic

transabdominal preperitoneal approach, TAPP
経腹的到達法


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 完全内臓逆位症に合併した腎癌の一例
  • 片山 聡,富永 悠介,安東 栄一,佐古 真一,竹中 皇,大橋 輝久,近藤 捷嘉
  • Japanese Journal of Endourology 27(2), 395-398, 2014
  •  症例は74歳男性.肺検診異常の精査にて,右腎腫瘍・多発肺転移を指摘され当科紹介受診.CT・MRIで,胸腹部の内臓が左右逆転しており,さらに右側腎臓上部に約8cm大の内部不均一な充実性腫瘤,肺には2,3cm大の結節影を認めた.以上より,完全内臓逆位症に合併した右腎癌・多発肺転移(cT2aN0M1 PUL)と診断し,腹腔鏡下根治的右腎摘除術を施行した.左側臥位で右肋骨弓下に3ポートを置き,経腹的アプ …
  • NAID 130004709569
  • 食道裂孔ヘルニアに併発した特発性食道破裂の1例
  • 渡邉 雄介,宮竹 英志,大薗 慶吾,石光 寿幸,篠原 正博,中原 千尋
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 74(8), 2134-2138, 2013-08-25
  • NAID 10031203075
  • 外傷性尿道狭窄症に対する初回尿道形成不成功例の検討と救済手術
  • 堀口 明男,東 隆一,田崎 新資,濱田 真輔,黒田 健司,佐藤 全伯,朝隈 純一,瀬口 健至,早川 正道,伊藤 敬一,淺野 友彦
  • 日本泌尿器科学会雑誌 104(4), 589-597, 2013
  • (目的)尿道形成術後に再狭窄した外傷性尿道狭窄症に対する救済手術は難易度が高い.これまでに救済手術を行った外傷性尿道狭窄症の治療経験を報告する.(対象と方法)外傷性尿道狭窄症5例(騎乗型損傷による球部尿道外傷3例,骨盤骨折による後部尿道外傷2例)の検討を行った.球部尿道外傷例の初回術式と再狭窄の要因は,口腔粘膜によるtube graft法1例(尿道口腔粘膜吻合部の狭窄),狭窄部の切除,尿道端々吻合 …
  • NAID 130004680087

関連リンク

【ベストアンサー】おなかを経て病巣に至るやり方、つまりお腹を切って手術するということです。 手術の詳しい内容はこの言葉だけではわかりません あくまでどこを切って中をいじるかです ...
経腹的アプローチにてfundic patchを用いて縫合閉鎖した特発性食道破裂の一治験例

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
リンク元transabdominal preperitoneal approach
関連記事ローチ」「アプローチ」「プロ」「

transabdominal preperitoneal approach」

  [★] 経腹的アプローチ


ローチ」

  [★]

コイコイ科コイ属Barbus属コイ目ヒメハヤドジョウ

アプローチ」

  [★]

接近近づく到達法


プロ」

  [★]

pro

的」

  [★]

target
ターゲット標的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡