経皮的針腎生検

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

腎生検の方法. 腎生検には経皮的針生検と開放生検の2種類があります。検査の前に は絶食をし、血液検査や超音波検査で腎臓の状態を確認しておきます。 検査後は安静 が必要となります。その理由は、動けば穴のあいたところから出血が多くなるためです。
尿検査や血液検査でどの程度腎臓が悪いのかを知ることができますが、どんな腎臓病 かを知ることができません。そこで、「腎生検」という組織検査が必要になります。腎生検 は経皮的に腎臓を穿刺し、組織の一部を採取する検査で入院が必要になります。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事生検」「腎生検」「経皮的」「経皮

生検」

  [★]

biopsy
バイオプシー診査切除術 exploratory excision試験切除術


  • 管腔臓器に対しては内視鏡を用いて鉗子で病変を採取
  • 体内臓器を穿刺する。肝、腎、前立腺

施行

条件付き

  • リンパ節腫脹:感染によるリンパ節腫脹は自然消退しうるので一ヶ月以上経過観察してから。

禁忌

  • 悪性黒色腫:転移しやすいため
  • 精巣腫瘍:血行転移のおそれ   →  ゆえに精巣腫瘍を否定できない陰嚢腫脹に対しては診断を兼ねた高位精巣摘除が標準的治療


腎生検」

  [★]

renal biopsy, kidney biopsy
腎バイオプシー


適応

  • タンパク尿が多い(1g/day以上)
  • 活動性の腎炎所見(円柱、白血球)
  • 急激な腎機能低下
  • タンパク尿と血尿が持続
出典不明
  • 適応:慢性腎炎、全身性の血管炎で腎合併症がある場合、遺伝性腎症、間質性腎炎、原因不明の腎不全
  • 禁忌:出血傾向、悪性新生物、易感染性、慢性腎不全、高度の浮腫・腹水、片側腎
腎生検ガイドブック
  • 適応:検尿異常(蛋白尿、血尿)、ネフローゼ症候群、急性腎不全、移植腎
  • 禁忌:出血傾向、片腎、萎縮腎、管理困難な高血圧

参考

  • 1. [charged] 腎生検の適応および合併症 - uptodate [1]

国試

  • 101A037:末期腎不全患者では多嚢胞化萎縮腎となっており、腎生検は禁忌。


経皮的」

  [★]

percutaneoustransdermaltranscutaneouspercutaneouslytransdermallydermallytranscutaneously
経皮経皮性


経皮」

  [★]

percutaneousdermaltransdermaltransepidermal
経皮的真皮真皮性皮膚経皮性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡