組織レニン-アンギオテンシン系

出典: meddic

tissue renin-angiotensin system, local renin-angiotensin system


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • (プロ)レニン受容体を介するシグナル伝達および組織レニン-アンギオテンシン系は糖尿病性網膜炎症の一因である
  • Satofuka Shingo,Ichihara Atsuhiro,Nagai Norihiro [他]
  • Diabetes 3(2), 19-29, 2010-03
  • NAID 40017084737

関連リンク

(プロ)レニン受容体は全身臓器に広く分布し,組織におけるレニン遺伝子の最終産物であるプロレニンと結合しプロレニンを活性化して組織レニン-アンジオテンシン系(RAS)を亢進させる.と同時に刺激された(プロ)レニン受容体は ...
未解明な部分も多い.レニンの受容体,組織 RAS 系の調節機構,ACE2,Ang(1-7)-Mas 系の役割,アルドステロンの作用機構など,一例にすぎない.基礎研究と臨床研究とが並行 ...
心不全患者では、交感神経系やレニンアンジオテンシン系(RAS)が活性化され、心不全 の代償機構として機能している。 しかしその活性化が長期化すると、逆に心不全の重症化を招く。 特に、近年組織RASが循環器疾患にも大きく関与して ...

関連画像

レニン-アンジオテンシン系の レニン・アンジオテンシン レニン・アンジオテンシン 画像をクリックすると拡大


★リンクテーブル★
リンク元tissue renin-angiotensin system」「local renin-angiotensin system
関連記事レニン」「組織」「」「アンギオテンシン

tissue renin-angiotensin system」

  [★] 組織レニン-アンギオテンシン系

local renin-angiotensin system」

  [★] 組織レニン-アンギオテンシン系

レニン」

  [★]

renin
アンジオテンシノゲンアンジオテンシン

分類

産生組織

標的組織

作用

分泌の調整 (PT. 480)

  • 1. 交感神経刺激
循環中枢からの刺激→レニン放出↑ β1受容体を介する
立位 → 交感神経亢進(おそらく脳への血行を保つため) → レニン放出↑
  • 2. 腎動脈圧
腎動脈圧↓→レニン放出↑
腎動脈圧↑→レニン放出↓
腎臓の輸入細動脈の圧受容器による
cf.腎動脈動脈狭窄により血流↓→レニンアンジオテンシンアルドステロン系↑→血圧↑
  • 3. 遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓
遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓→レニン放出↑
緻密斑細胞により検出される
血漿濃度や輸入細動脈圧の減少はGFRを減少させ、それによって遠位尿細管濾液中のNaCl濃度を減少させる
  • 4. アンジオテンシンII
  • ネガティブフィードバック制御を受ける。
  • アンジオテンシンII↑→レニン↓

分子機構

臨床関連


組織」

  [★]

tissue
textus
  • 何種類かの決まった細胞が一定のパターンで集合した構造の単位のこと。
  • 全体としてひとつのまとまった役割をもつ。

分類

  • 上皮組織
  • 支持組織
  • 筋組織
  • 神経組織



系」

  [★]

一連菌株緊張系統系列シリーズ歪み連続システム体系体制方式筋挫傷

アンギオテンシン」

  [★] アンジオテンシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡