紫外線障害

出典: meddic

ultraviolet rays disturbance
紫外線


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 紫外線障害 (特集 野外活動と救急診療) -- (野外活動でしばしば問題となる病態)
  • 堀内 義仁
  • 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine 37(7), 765-767, 2013-07
  • NAID 40019744418
  • 新規紫外線障害防護剤の開発・評価
  • 山田 健一
  • Cosmetology : Annual report of cosmetology 21, 40-44, 2013
  • NAID 40019797621
  • コーヒー酸によるヒト表皮角化細胞の細胞増殖及び分化促進効果
  • 渡辺 絵理子,星 宏良
  • 組織培養研究 32(1), 189-194, 2013
  • … また、皮膚細胞では、紫外線障害に対する保護作用を有することが報告されている。 …
  • NAID 130004908280

関連リンク

紫外線障害。どんな病気か・原因は何か 紫外線は、可視(かし)光線(390〜700nm) より波長の短い電磁波(10〜390nm)で、その生物学的効果から、長波長域(320〜 390nm)、中波長域(285〜320nm gooヘルスケア 家庭の医学。
これから季節は暑い夏へ向かいますので、涼しいお話を、と言う訳でもないのですが、 日光による紫外線障害が夏にはそれほど問題にならなくて、なぜ冬の雪眼が ... これは 日光のなかに含まれる紫外線で、黒目、角膜の表面が障害されてキズが付くためです。

関連画像

炎症性皮膚疾患に対し,紫外線 紫外線角膜障害、紫外線、ランニング障害 紫外線と乾燥から肌を守る もと! 紫外線による皮膚障害  3章 有害な紫外線を防ぐには


★リンクテーブル★
関連記事紫外線」「障害」「」「紫外

紫外線」

  [★]

ultra violet, UV, ultraviolet rays, UV rays
化学線 chemical rays
ドルノ線電磁波
  • 波長が短いほど生物学的作用は強く
  • UVA, UVB, UVCの区分分けは資料によってまちまち

特徴

  • UVC(290~320nm)
  • 表皮:表皮の表層のみ
  • UVB(290~320nm)
  • 表皮深部:表皮の細胞のDNA:皮膚癌、紅斑
  • UVA(320~400nm)
  • 真皮:コラーゲンなどのタンパク:日焼け

分類1

種類(波長) 地上への到達度 生物影響
UV-A
(315~400nm)
地表まで到達する。 UV-Bほど有害ではないが、長期間曝露された場合の健康影響が懸念される。
UV-B
(280~315nm)
ほとんどは成層圏オゾン層などに吸収されるが、一部は地表へ到達する。 皮膚や眼に非常に有害である。日焼けを起こしたり、皮膚がんの原因になる。一般に、有害紫外線と呼ばれる。
UV-C
(100~280nm)
大気や成層圏オゾン層に吸収されて、地表には到達しない。 非常に有害である。

分類2

  • UVC(290~320nm)
  • UVB(290~320nm)
  • UVA(320~400nm)



障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症



害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する


紫外」

  [★]

ultravioletUV
紫外線紫外部




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ミタゾラム 効果 16
3pud 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 12
6多毛日本 12
7user/password 10
8cefpodoxime proxetil BCS 8
9user/register 8
10prolapse of uterus 7
11日常生活自立度 7
121,320,568,24 HTTP/1.1 7
13盲斑 6
14ルリッシュ症候群 5
15サイズの原理 筋電図 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17脳卒中リハ 阻害因子 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20Salivary glands 5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛日本 12
2cefpodoxime proxetil BCS 8
3盲斑 6
4user/password 6
5?mesterolon? Britain 4
6メトロイリーゼ 4
7?testosterone decanoate? Britain 4
8?mesterolon? Europe 4
9?mesterolon? Germany 4
10心筋の活動電位 3
11握雪音 3
12?mesterolon? Australia 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 2
14バンコマイシン レッドマン症候群 2
15?mesterolon? America 2
161回拍出量 2
17グラム陽性桿菌 2
18流動モザイクモデル 2
19アズール顆粒 2
20ウレアーゼ・インドフェノール法 2