純音

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/05 21:27:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

&{\text{at others}}\end{cases}}}</annotation>

 </semantics>

</math></span></span></dd> </dl>

である。これは以下のように書き換えられる。

すなわち単一の正弦波として表される。

純音の発生

純音は理論的には発生させることができるが、実現には多くの困難が伴う。

  1. 固体に直接音波を発生させる方法:例えば音叉が純音に近い音を発生させるが、厳密に測定すると倍音の成分がわずかに含まれている。
  2. アナログの発振回路で発生させる場合:ウィーンブリッジ発振器などで正弦波を発振させた場合、オペアンプによってひずみが重畳されてこれが倍音として含まれてしまうほか、外来の、または発振回路から発生する雑音の混入により正弦波ではなくなってしまう。
  3. デジタル機器を用いて発生させる場合:もともと現実のデジタル機器には量子化誤差が含まれているために正確な正弦波の発生は不可能である。仮に無限の精度を持つデジタル機器を用意したとしても、これをアナログ信号として再生するときには、基本周波数のみを通過させ、かつそれより高い周波数を無限の減衰率で減衰させなければならない。またアナログに変換した後はアナログの発振器の項で述べた雑音の混入により不要な周波数成分が含まれてしまう。

関連項目

  • 正弦波
  • 楽音
  • 単色光 - 単一の正弦波で表される光


</raw> </toggledisplay>

和文文献

  • 音の物理特性と擬音語表記 : 純音を表す擬音語
  • 純音を表現する擬音語の世代と性別とによる差異
  • リズム変化音列に対する脳磁界応答
  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 114(515), 229-232, 2015-03-09
  • NAID 110010022054

関連リンク

耳鼻科で行う聞こえの検査で最も一般的なものが、標準純音聴力検査です。 純音とはサイン波のことで、特定の高さのみからなる基本の音です。 検査では 125, 250, 500, 1000, 2000, 4000, 8000Hz の高さの純音をそれぞれ呈示し、音の ...
デジタル大辞泉 純音の用語解説 - 音の高さが一定で特徴のない音色で単調な音。 音叉をたたいたときの音に近く、完全な純音は理論上のもので、一つの周波数の正弦波からなる純粋な音。幾つかの純音が混じった音を複合音という。

関連画像

純音新版金屬耳機插頭 升級版 電波教師 3話感想 アニメ 鑑 純音 純音 働けが 普段 耳 に する 音 は 純音 鑑純音 もふもふミニタオル:鑑 純音


★リンクテーブル★
関連記事

音」

  [★]

tonesound
緊張緊張度トーン響く健全





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡