精神依存

出典: meddic

psychological dependence, psychic dependence, mental dependence
薬物依存身体依存依存


  • 精神系 090428II


  • 精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求(PSY.395)
  • ある物質あるいはある種の物質使用が、その人にとって以前にはより大きな価値を持っていた他の行動より、はるかに優先するようになる一群の行動、行動的認知的現象(PSY.395)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/11 22:02:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 危険ドラッグの有害作用 : 基礎研究からみた人体への影響 (AYUMI 危険ドラッグの人体への影響 : 得体の知れない毒性・依存性を解明する)
  • 実体の集合体は表象する精神の内にあるのか? : ライプニッツにおける集合体の精神依存
  • 金沢星稜大学人間科学研究 = Kanazawa Seiryo University human sciences 8(1), 65-70, 2014-09
  • NAID 40020530708
  • 医療用麻薬の適正使用のために : オピオイド鎮痛薬と精神依存
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 142(1), 22-27, 2013-07-01
  • NAID 10031185424

関連画像

 の精神依存不形成機構東方精神依存図1:モルヒネでの精神依存が 第2回 薬物依存性の評価方法 3881039fa0ce94a40b575f99647f2c1f_m.jpg薬物依存の症状と治療について


★リンクテーブル★
先読み薬物依存
国試過去問101G059」「106I027
リンク元麻薬性鎮痛薬」「身体依存」「覚醒剤」「mental dependence
関連記事依存」「精神

薬物依存」

  [★]

drug dependence
慢性薬物中毒 chronic drug intoxication
依存、依存症症候群



101G059」

  [★]

  • 27歳の女性。「訳の分からないことを言う」と父親に連れられて来院した。左前腕に数多くの注射痕が認められる。半年前から、同棲相手が歓楽街で買って使っていた薬を自分も使うようになった。薬は自分で静脈に注射していたと言う。当初は気分が高揚し、疲労感がなくなり、頭の回転が良くなるなど、快感を体験できていた。しかし、1か月前からは「殺してやる」という幻聴が現れ、いつもやくざにつけねらわれているという妄想にとりつかれている。
  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G058]←[国試_101]→[101G060

106I027」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106I026]←[国試_106]→[106I028

麻薬性鎮痛薬」

  [★]

narcotic analgesic, narcotic analgesics
オピオイド鎮痛薬モルフィン鎮痛薬???
オピオイド

モルフィン鎮痛薬

内因性オピオイド

外因性オピオイド

合成

  • phenylheptylamines
  • phenylpiperadines

オピオイド受容体拮抗薬

麻酔薬として

  • 心臓手術やハイリスク患者の麻酔に用いる。
  • 使用される薬にはクエン酸ファンタネルやモルヒネがある。
  • 脳神経に存在する麻酔特有の受容体(オピオイド受容体)をしげきする
  • 鎮痛作用は協力
  • 麻酔薬なので常習性がある。
  • 副作用:呼吸抑制、精神神経作用、消化器症状がある。
  • 注意:患者さんの状態に合わせて、睡眠作用のある薬を使用。すなわち、これ単独では眠らない(記憶を失わない)
  • ○強力な鎮痛・鎮静。血圧安定
  • ×術中覚醒。呼吸抑制。筋硬直。徐脈。術中高血圧
  • パンクロニウム(長時間使用で頻脈になる)を併せて使うことがある。

依存性

  • 麻薬(オピオイド)には精神依存性・身体依存性がある。
  • 慢性的に疼痛が持続しているような癌患者では、κ受容体が賦活され、μ受容体(身体・精神依存性に関与)が抑制されている。このため、依存は起こらない。(SAN.411改変)

副作用



身体依存」

  [★]

physical dependence
精神依存精神作用物質濫用薬物薬物濫用離脱症状依存


  • 精神系 090428II
  • 精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態(PSY.395)
  • 身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる。


覚醒剤」

  [★]

psychostimulant, stimulant drug, antihypnotic, wake amine
覚醒アミン覚せい剤
覚せい剤取締法薬物濫用覚醒剤精神病



mental dependence」

  [★]

  • 精神依存
psychic dependence


依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


精神」

  [★]

spirit, mind





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡