粘液便

出典: meddic

mucous stool
過敏性腸症候群

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 直腸絨毛腫瘍により意識障害を来たした1例
  • 高本 淳,安井 應紀,佐藤 眞,佐藤 裕太,安田 修,松田 健一,鎌田 敦志
  • 自治医科大学紀要 33, 175-181, 2011-03-01
  • … 入院後,血液を混ずる大量の透明粘液便を指摘された。 …
  • NAID 110008507503
  • 顆粒状変化を呈した隆起型直腸粘膜脱症候群(MPS)の1例
  • 佐野 弘治,大川 清孝,上田 渉,青木 哲哉
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 63(8), 531-534, 2010-08-01
  • … 症例は40歳代男性.4年前から粘液便が出現し,1年前から血便を認めた.排便回数も1日に5から7回であったため,当科を受診した.下部消化管内視鏡検査では,直腸第1Houston弁上に発赤した比較的均一な顆粒状の隆起性病変があり,一部白色粘液の付着を認めた.直腸第2Houston弁上に発赤した顆粒状の隆起性病変と直腸第3Houston弁上に発赤した粘膜を認めた.生検では特異的所見を認めなかった.診断のため,直腸第1Houston …
  • NAID 10026524831

関連リンク

粘液便も異常なうんちのひとつで、うんちに粘液が付着していたり、 うんちが出ずに粘液 だけが出てくるようなものをいいます。 ... 緑色の粘液便が出ると、驚かれる方も多いの ですが、 胆汁に含まれている色素のビリルビンが、大腸の中や外で、酸化したために ...
まず、粘液便の原因は、大腸の壁が傷ついたためで粘液便の色は ...

関連画像

潜伏期は 2 ~ 3 週とされるが 粘液便の画像またまた うん ち 画像 で ご 粘液便の画像肛門の締まりが悪くなり、直腸  与え続けて 粘 液便 血便 が


★リンクテーブル★
先読み過敏性腸症候群
関連記事便

過敏性腸症候群」

  [★]

irritable bowel syndrome, IBS
刺激結腸 irritable colon, spastic colon, mucous colitis
過敏性大腸症候群functional bowel syndrome

臨床症状

(IMD.872)
  • 1. 消化器症状
  • 腹痛:腸管の痙攣による。食後に多く、排便により軽快
  • 便通異常:便秘(兎糞状)、下痢(軟便~水様便)、あるいは便秘と下痢が交互に出現
  • 腹部膨満感、悪心、腹鳴、腹部不快感など。
  • 2. 全身症状
  • 自律神経失調症状:心悸亢進、四肢冷感、発汗、顔面紅潮、肩こり、頭痛
  • 精神神経症状  :不安感、不眠、無気力、緊張感、全身倦怠感

診断基準

Rome基準III

  • 繰り返す腹痛あるいは腹部不快感が最近6ヶ月中に、少なくとも3ヶ月以上を占め、下記の2項目以上の特徴を示すもの。
  • 1. 排便により軽快する。
  • 2. 発症は排便頻度(排便回数)の変化で起こる
  • 3. 発症は便性状の変化で起こる

検査

  • 内視鏡、注腸造影、吸収機能は正常

治療

  • 新新療法
  • 食事療法
  • 薬物療法(抗コリン薬、整腸薬、抗不安薬、抗うつ薬)

国試


便」

  [★]

stool
大便糞便
  • 胎便:新生児が生後12時間に排泄するもの

便→疾患

  • 緑色ミートソース様便:サルモネラ腸炎
  • クリーム色がかった緑色水様便:MRSA腸炎

疾患→便




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡