粗動

出典: meddic

flutter

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 現場で困る心房粗動・心房細動を押さえよう (特集 すぐ動ける・対応できる モニター心電図で知っておきたい100のこと) -- (緊急時の心電図モニタリングと対応)
  • その他の危険な不整脈 1:1伝導の心房粗動,WPW症候群における頻脈性心房細動 (特集 この波形を見逃すな! 循環器病棟の危険な不整脈)
  • 坪井 一平,林 明聡
  • Heart : 基礎知識から最新トピックスまで!ナース・コメディカルのためのハートケア誌 4(5), 70-76, 2014-05
  • NAID 40020217966
  • 心房細動と心房粗動,心房頻拍,発作性上室頻拍の診断 (特集 心電図攻略法 : 診断能力向上のための虎の巻)

関連リンク

<心電図の特徴> 正常P波は認められず、代わりに「のこぎり状」の規則的な心房の振れが出現し(250/min~350/min)、これを粗動波・F波という。心房興奮の全てが心室に伝導されず.2:1や4:1などとなる。心房興奮が全て伝導された ...
心房粗動とは、 心房内を、電気的興奮が規則正しく旋回(リエントリー)し、 規則的に心室に伝導する疾患のことを言うぞ! 心房粗動はアブレーションの適応症例で、 カテ室でも頻繁に出てくるぞ! &n

関連画像

ユニテック 粗動回転ユニット 心房粗動 ( しんぼうそどう ) は粗動上限ストッパーを確認心房細動と心房粗動通常型の心房粗動の ユニテック 粗動回転ユニット


★リンクテーブル★
リンク元flutter
拡張検索心房粗動」「心室粗動」「不純粗動」「粗動波

flutter」

  [★]

  • n.
  • パタパタと動くこと、はためき、羽ばたき。(心の)動揺、うろたえ、おののき。混乱、騒ぎ。(医)(心臓の)粗動。(音楽)フラッター。
  • vt.
  • vi.

WordNet   license wordnet

「flap the wings rapidly or fly with flapping movements; "The seagulls fluttered overhead"」

WordNet   license wordnet

「abnormally rapid beating of the auricles of the heart (especially in a regular rhythm); can result in heart block」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈旗などが〉『ぱたぱたする』,はためく / 〈鳥などが〉『羽ばたきする』,羽ばたきして飛ぶ;〈チョウなどが〉ひらひらと飛ぶ / 〈花びら・木の葉などが〉ひらひらと散る《+『down』》 / 〈人が〉そわそわと動き回る《+『about』+『名』》 / 〈脈・心臓が〉速く不規則に打つ / 〈鳥などが〉〈翼など〉‘を'ばたばた(ひらひら)させる;〈人〉が〈まぶたなど〉‘を'ぱちぱちさせる / 〈U〉《時にa~》ひらひら(ばたばた)すること,はためき / 〈U〉《時にa~》《話》興奮,(心の)動揺,混乱 / 〈U〉(録音の)再生むら,(TV画像の)光度むら / 〈C〉《a~》《英俗》少額の投機(かけ)」


心房粗動」

  [★]

atrial flutter, AFL, aF
不整脈心房細動paroxysmal supraventricular tachycardia

概念

  • 心房拍数が240-440/分の規則正しい上室頻拍
  • 心房で興奮が旋回することにより発生(リエントリー)。例えば三尖弁輪など。

疫学

  • 60歳以上に多い
  • 基礎心疾患や開心術の既往があることが多い。

心電図

  • 着目する誘導:P波 = II誘導、F波:II, III, aVF
  • 1. P波が存在しない = 基線が存在しない
  • 2. 鋸歯状波、F波(250~350/分程度) ← 心房細動ではf波
  • 3. RR間隔は整。房室伝導比=4:1,3:1,2:1 ← 心房細動では不規則

分類 (1)

  • type 1:心房拍数 = 240-340/分の比較的に遅い粗動
  • 多くが峡部依存性心房粗動(CTI-dependent atrial flutter):下大静脈と三尖弁輪間の解剖学的峡部 cavotricuspid isthmus CTI を含む三尖弁輪を興奮が周回する右房内リエントリー
  • type 2:心房拍数 = 340-440/分の速い粗動

症状

  • 房室伝導比に依存する。(1)
  • 1:1房室伝導 = 心拍数 約300/min:血圧低下、失神などの重篤な状態へ  ← 運動時、房室電津尾が良好な場合
  • 2:1房室伝導 = 心拍数 約150/min:動機、呼吸困難、胸痛、心不全、血圧低下
  • 4:1房室伝導 = 心拍数 約 75/min:無症候

合併症

  • 血栓塞栓症。頻度は心房細動の1/3 (1)

治療

  • 血行動態安定 :洞調律への復帰(DCショック、心房ペーシング抗不整脈薬) ± レートコントロール(HR≧100/minの時、房室結節抑制薬:ジゴキシン、β遮断薬、Ca Ch blocker(ベラパミル、ジルチアゼム))
  • 血行動態不安定:DCショックで洞調律に復帰させる。


発作停止

  • 薬物療法
  • 心房ペーシング
  • 直流通電

発作予防

  • 解剖学的峡部に対するカテーテルアブレーション

参考

  • 不整脈薬物治療に関するガイドライン(2009年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf




心室粗動」

  [★]

ventricular flutter
粗動


不純粗動」

  [★]

impure flutter
粗細動


粗動波」

  [★]

flutter waves
粗動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡