篩状板

出典: meddic

lamina cribrosa
強膜篩板 lamina cribrosa sclerae
篩板



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 緑内障性視神経障害と篩状板
  • 福地 健郎
  • あたらしい眼科 = Journal of the eye 18(7), 881-882, 2001-07-30
  • NAID 10028244827
  • 走査型レーザー検眼鏡を用いた篩状板孔の形態
  • 前田 秀高,中村 誠,山本 節
  • 日本眼科學会雜誌 103(1), 48-55, 1999-01-10
  • NAID 10007896166

関連リンク

世界大百科事典 第2版 篩状板の用語解説 - ... ... 篩状板 Tweet 世界大百科事典内の篩状板の言及 【強膜】より …このため,腱を介して付着する6本の外眼筋の作用によって,眼球は滑らかに各方向に回転することができる。
末期緑内障の乳頭所見:強膜篩状板の窓孔が見える。( laminar dot sign ) 動脈の血管壁が露出して白く見える。血管壁自体は透明であり、視神経線維層に埋もれていれば、血管壁は見えない。びまん性にかなり視神経線維層が欠損して ...
(三次元高速光干渉断層計による緑内障眼の篩状板撮影) (論文内容の要旨) 【背景】緑内障性視神経症では網膜神経線維の減少が報告されているがそ原因は現在まの で不明である。篩状板は視神経乳頭に存在し網膜神経線維の ...

関連画像

SD-OCTによる篩状板の検討 (Inoue R ③篩状板②乳頭内構築②乳頭内構築


★リンクテーブル★
先読み篩板
拡張検索強膜篩状板

篩板」

  [★]

cribriform plate (M,KH)
lamina cribrosa



強膜篩状板」

  [★]

lamina cribrosa sclera
網膜
  • 視神経細胞の軸索が集まって神経線維となり、視神経乳頭から眼球からでるときに、強膜の延長線上に膠原線維でできた篩状の構造を通過する。これが強膜篩状板である。視神経はここを通過してから有髄となる。 (SOP.6)



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡