篩板

出典: meddic

cribriform plate (M,KH)
lamina cribrosa


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/30 18:37:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 前頭蓋窩に発生し頭蓋内外に進展したSolitary Fibrous Tumorの1例
  • 武村 有祐,野中 將,福島 武雄,高野 浩一,宇都宮 英綱,鍋島 一樹,坂田 俊文
  • 脳神経外科ジャーナル 17(10), 775-780, 2008-10-20
  • … 今回われわれは,前頭蓋窩,特に篩骨板部硬膜に発生し巨大な頭蓋内腫瘤を形成し,篩板の欠損部を介して鼻腔内にも進展した前頭蓋窩発生のsolitary fibrous tumorの1例を報告した.両側前頭開頭および経鼻的に内視鏡を使用し全摘出した.本症例の特徴は,腫瘍が前頭蓋底に発生し頭蓋内外に進展していたこと,巨大な多房性の嚢胞状変化を伴ったことが挙げられる.確定診断には,免疫組織学的検査が重要で,CD34,vimentin陽性で,S-100蛋 …
  • NAID 110006951584
  • 一塊切除した眼窩および前頭蓋底浸潤鼻腔悪性腫瘍の1例
  • 田中 良英,立石 健祐,藤田 数敏,田中 直樹,鈴木 一雅
  • 脳神経外科ジャーナル 15(11), 773-777, 2006-11-20
  • … 経験した,68歳女性,眼窩と前頭蓋底に浸潤した鼻腔原発の未分化肉腫の症例を報告した.頭部冠状切開,片側dis-masking skin flapに歯根部切開を加えた方法により術野は十分広く確保でき,腫瘍,鼻中隔,眼窩内容,両側篩板,蝶形骨および上顎骨の一部を一塊摘出可能であった.前頭蓋底の再建にチタンメッシュを使用し,摘出腔に遊離脂肪片を充填,術後の合併症もなく経過中である.美容的にも眼窩部の形成,顔面神経温存により満足 …
  • NAID 110004837884

関連リンク

篩板から出される糸を梳糸(そし hackled band)と言う。絹糸帯とも呼ばれた。これは粘着性があり、獲物の昆虫などを捕らえるのに使われる。 例えばコガネグモ科に典型的な円網は放射状に張られた縦糸と、細かな螺旋状に張られた横糸 ...
篩板(しばん) 脊椎動物の頭部骨格の一部:篩骨 クモ類の出糸器官の一つ:篩板 (クモ) 維管束植物が持つ師管細胞の結合部にある構造:師部#構造

関連画像

篩網沖孔板篩骨篩板 - 嗅神経 (I)ウズグモの円網 (標本作製は


★リンクテーブル★
先読みcribriform plate
リンク元脳神経」「篩状板
拡張検索篩骨篩板

cribriform plate」

  [★] 篩骨篩板

篩骨節板


脳神経」

  [★]

cranial nerve, cranial nerves
nervi craniales
脊髄神経

脳幹における脳神経核の所在

脳幹障害時には同側の脳神経麻痺(下位運動ニューロン障害)と、対側の体幹運動神経麻痺(上位運動ニューロン障害)
  脳神経 同側の脳神経症状 代表的症候群
中脳 III IV     内転筋の麻痺、眼球の外方変異 Weber症候群MLF症候群Benedikt症候群
V VI VII VIII 顔面の麻痺 Millard-Gubler症候群
延髄 IX X XI XII 嚥下障害、構音障害 Wallenberg症候群

脳神経核の支配

  • 対側大脳皮質の片側性支配:CN VII(下部顔面筋), CN VII(舌の筋) → 中枢性障害(上位ニューロンの障害)で支配筋の障害が生じる
  • 両側性支配:上記以外の運動性神経 → 中枢性障害(上位ニューロンの障害)でも支配筋の障害は生じない

脳神経一覧

CN# 一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞(中枢神経外) 神経細胞(中脳) 神経細胞(橋) 神経細胞(延髄) 神経細胞(脊髄) ○-< 節後ニューロン 頭蓋からの出口 分布と機能
CN I 嗅神経           嗅上皮           篩骨篩板の穴 左右の鼻腔の天井、鼻中隔の上部、上鼻甲介の粘膜からの嗅覚
CN II 視神経           網膜           視神経板  
CN III 動眼神経                     上眼窩裂 支配筋:上直筋、下直筋、内側直筋、下斜筋
                  毛様体神経節 上眼窩裂 副交感神経:瞳孔収縮筋、毛様体筋
CN IV 滑車神経                     上眼窩裂 支配筋:上斜筋
CN V   三叉神経                            
V1 眼神経           三叉神経節           上眼窩裂 角膜、前頭部、頭皮、眼瞼、鼻の皮膚、鼻腔と副鼻腔の粘膜からの感覚
V2 上顎神経           三叉神経節           正円孔 上唇を含む上顎部の顔の皮膚、上顎の歯、鼻粘膜、上顎洞、口蓋の感覚
V3 下顎神経           三叉神経節           卵円孔 下唇を含む下顎と顔の外側部の皮膚、下顎の歯、顎関節、口の粘膜、舌の2/3の感覚
                    支配筋:咀嚼筋、顎舌骨筋、顎二腹筋の前腹、口蓋帆張筋、膨膜張筋
CN VI 外転神経                       上眼窩裂 支配筋:外側直筋
CN VII 顔面神経           膝神経節           内耳道、顔神経管、茎乳突孔 外耳道の皮膚の感覚
          膝神経節           舌の2/3,口腔底、口蓋の味覚
                  翼口神経節、顎下神経節 副交感神経:顎下腺、舌下腺、涙腺、鼻と口蓋の腺
                    支配筋:顔の表情筋、中耳のアブミ骨、茎突舌骨筋、顎二腹筋の後腹
CN VIII 内耳神経                            
前庭神経           前庭神経節           内耳道 半規管、球形嚢、卵形嚢からの前庭感覚
蝸牛神経           ラセン神経節           ラセン器からの聴覚
CN IX 舌咽神経           脳神経IXの下神経節           頚静脈孔 外耳からの皮膚感覚
          脳神経IXの上神経節           耳下腺、頸動脈小体、頸動脈洞、咽頭、中耳からの臓性感覚
          脳神経IXの下神経節           舌の後ろ1/3からの味覚
                  耳神経節 副交感神経:耳下腺
                    支配筋:茎突咽頭筋(嚥下を助ける)
CN X 迷走神経           脳神経Xの上神経節           頚静脈孔 耳介、外耳道、後頭蓋窩からの感覚
          脳神経Xの上神経節           舌底、咽頭、喉頭、器官、気管支、心臓、食道、胃、腸の臓性感覚
          脳神経Xの下神経節           喉頭蓋と口蓋の味覚
                  内臓近傍のニューロン 副交感神経:平滑筋(気管、気管支、消化管)、心筋(心臓)
                    支配筋:咽頭収縮筋、口蓋帆張筋を除く口蓋の筋、食道上2/3の横紋筋
CN XI 副神経                            
延髄根                     頚静脈孔 支配筋:軟口蓋、咽頭の横紋筋、喉頭(いずれも脳神経Xに加わる神経を経由)
脊髄根                     支配筋:胸鎖乳突筋と僧帽筋
CN XII 舌下神経                     舌下神経管 支配筋:舌筋(口蓋舌筋を除く)





篩状板」

  [★]

lamina cribrosa
強膜篩板 lamina cribrosa sclerae
篩板



篩骨篩板」

  [★]

cribriform plate
篩骨
  • cribriform plate of ethmoid bone




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡