節性脱髄

出典: meddic

segmental demyelination

疾患




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 末梢神経障害の機序
  • 河野 豊,永田 博司
  • 日本内科学会雑誌 96(8), 1585-1590, 2007-08-10
  • 薬物による末梢神経障害の発症を予防するためには,その発症機序を解明することが重要である.しかしながら,現在,末梢神経障害の機序が明確となっている薬剤は少ない.本稿では,薬物による末梢神経障害の機序をaxonopathy,neuronopathy,myelinopathyに分類して解説し,具体例を挙げて解説した.Axonopathyは末梢神経軸索の障害により発症する末梢神経障害で,微小管阻害作用を有 …
  • NAID 10019965187
  • GBSの急性期リハビリテーション (ギラン・バレー症候群リハビリテーション実践マニュアル)
  • 石田 健司
  • Monthly book medical rehabilitation (56), 15-19, 2005-08
  • NAID 40006899008
  • 乳児期発症の慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーの1例
  • 永富 文子,森 敏雄,藤本 伸,杉原 里恵,井野辺 純一,上山 秀嗣,三宮 邦裕,熊本 俊秀,津田 富康
  • 日本内科学会雑誌 88(4), 704-706, 1999-04-10
  • NAID 10005008631

関連リンク

末梢神経障害は基本的に軸索変性と節性脱髄の2つの病変に分類できます。 1) 軸索変性 軸索変性は細胞体または軸索の障害による軸索の変性・消失をいいます。 軸索変性はまず遠位部より現れ、近位部に向かって進行します ...
この原因不明のものを特発性脱髄 (とくはつせいだつずい)といい、ふつう、脱髄疾患といえば、特発性脱髄をさします。 脱髄疾患は、アレルギー、自己免疫 (じこめんえき)などの免疫異常がかかわって発症すると推定されて ...
回復はしばしば多くの末梢神経障害の特徴である節性脱髄後に生じ,この過程は多発性硬化症の再燃および寛解の説明になることがある。中枢神経脱髄(例,脊髄,脳,または視神経の)は原発性脱髄性疾患の最たるものだが,その ...

関連画像

末梢神経障害軸索変性と節性脱髄軸索変性と節性脱髄軸索変性と節性脱髄軸索変性と節性脱髄神経生検は CMT1 は 節性脱髄 を


★リンクテーブル★
拡張検索末梢神経節性脱髄
関連記事」「脱髄

末梢神経節性脱髄」

  [★]

segmental demyelination in peripheral nerves


髄」

  [★]

pulpmarrowmedullapith
延髄穿刺果肉骨髄歯髄髄質パルプ赤色骨髄黄色髄

脱髄」

  [★]

demyelination
髄鞘崩壊
髄鞘 myelin sheath





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡