筋肉球体症

出典: meddic

関連リンク

SBMA(Spinal-Bulbar Muscular Atrophy)は、球脊髄性筋萎縮症、Kennedy-Alter- Sung病とも呼ばれている緩徐進行性の下位運動ニューロン病です。 X連鎖性劣性遺伝 形式をとり、20~40歳代の男性に発症します。 ハンチントン病など同種の疾患をまとめ ...
筋力低下は夕方ほど著明になり、睡眠で軽快する日内変動、日によって重さの異なる日 差変動、筋肉を使うほど脱力症状が重く ... 特に胸腺腫を合併したMGや抗Musk抗体 陽性のMGでは球症状(構音障害や嚥下障害)や呼吸筋麻痺といったクリーゼが急速に ...

関連画像

内科診断学フォトライブラリー一番左が足首の関節です。凹の 右肩関節筋肉内に無痛性の境界 関連筋肉肥大とかいう筋肉


★リンクテーブル★
関連記事筋肉」「」「球体

筋肉」

  [★]

muscle
musculus
解剖学


起始 origin

  • 筋の近位端(M.18)
  • 収縮の際に固定される(M.18)

停止 insertion

  • 筋の遠位端(M.18)
  • 収縮の際に動く(M.18)

生化学

  • グルコース + 2ADP + 2Pi → 2乳酸 + 2ATP + 2H2O + 2H+

分類



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

球体」

  [★]

spheroidal
楕円体




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡