筋痛覚受容器

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

侵害受容器のような神経性の受容器では、この脱分極は受容器膜と接している興奮膜 に電気緊張的に波及する。 刺激が強くなって、脱 ..... 筋肉の痛覚線維は、筋線維を包む 結合組織、細動脈のまわりおよび筋肉と腱の結合部にみられる。 毛細血管や筋線維 ...
5、水素イオンがASIC3/TRPV1とされているが、ほとんどの筋侵害受容器は圧刺激や発 痛物質など、多. 種多様な刺激に反応する。 ... 筋の侵害受容器から持続的に中枢神経 系に入力が生じると、中枢神経の興奮は増し、痛みや痛覚過敏が. 誘発され、関連痛も ...

関連画像

図1:骨格筋の構造日本生理学雑誌 第69巻 2号侵害 受 容器 が 無い と 言う 痛みの神経機構


★リンクテーブル★
関連記事受容器」「痛覚」「容器」「筋痛」「受容

受容器」

  [★]

receptor
神経線維の分類


受容体の分類

  外受容器 内受容器
接触性受容器 遠隔受容器 固有受容器 内蔵受容器
機械受容器 皮膚感覚(触圧覚聴覚 平衡感覚深部感覚(運動覚位置覚) 臓器感覚
侵害受容器 皮膚感覚(痛覚)   深部痛覚 内臓痛覚
光受容器   視覚    
化学受容器 味覚 嗅覚   (頚動脈洞反射)
温度受容器 皮膚感覚(温冷覚)     (体温調節反射)


痛覚」

  [★]

pain sensation, algesthesia, algesia
痛感覚侵害感覚 nociception
上行性伝導路痛覚の中枢
2007年度後期生理学授業プリント

痛みの分類

  • 鋭痛(Aδ線維)
  • 鈍痛(C線維) 

内因性発痛物質

  • ブラディキニン・ヒスタミン・セロトニン・プロスタグランジン・乳酸・K+

痛覚過敏

痛覚の伝導路



容器」

  [★]

containervesselchamber
血管チェンバーチャンバチャンバー導管道管


筋痛」

  [★]

myalgiamuscle painmuscle achemuscle sorenessmuscular painmyalgic
筋肉痛筋痛症


受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡