第二度無月経

出典: meddic

amenorrhea second grade
第II度無月経
無月経第一度無月経


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Bromocriptine 療法における腟スメア像
  • 林 和彦
  • 日本臨床細胞学会雑誌 23(4), 532-540, 1984-10-25
  • NAID 110001275219
  • Bromocriptine療法におけるちつスメア像
  • 林 和彦
  • 日本臨床細胞学会雑誌 23(4), 532-540, 1984
  • … のIndicesは前群と比較して低値を示す.<BR>3.無排卵周期症群ではBCによる排卵率は100%(4/4), 妊娠率は25%(1/4) である.第一度無月経群ではBCによる排卵率は100%(7/7), 妊娠率は28.6%(2/7) である.両群におけるIndicesは頸管粘液の変化と一定の相関みられず, 血中エストラジオール高値の排卵期でもエストロゲンの影響が弱い値を呈する.<BR>4高PRL血症排卵障害無排卵群および第二度無月経群でのIndicesはBC投与中すべて低値を示す. …
  • NAID 130003925586
  • 高Prolactin性無排卵症の病態とそのBromocriptine療法に関する研究
  • 福永 友明
  • 日本産科婦人科學會雜誌 33(2), 229-238, 1981-02-01
  • … 乳汁分泌量と血中PRL億の間には欄関が認められなかつた.2.高PRL性無排卵症の血中gonadotropin値はPRL値との聞に相関が認められ次かつた.しかL血中PRLが高値を示すに従い血中Estradiolが低値をとる傾向にあり, 第二度無月経により高値のPRLの症例が多く存在した結果とも一致した.3.LH-RHテストの結果からは高pRL性無排卵症の推定される排卵障害部位は一様ではなかつた.また血中pRL値とLH-RHテストの結果の間には一定の傾向が見 …
  • NAID 110002210512

関連リンク

鑑別ポイント(1) ― 無月経期間 月経が無い期間(無月経期間)が長いほど、無月経の程度が重症化するとされています。無月経期間が1年以上になるとほとんどが重症の第二度無月経であるともいわれています。程度が軽症から ...
無月経の場合には、このようなホルモン剤を使った治療を行いますが、治療と治療の中間には、自然の回復を待つ経過観察も大切です。過度のホルモン療法は、かえって治療を難しくすることもあるからです。 環境が自然の ...

関連画像

原発性:一度も妊娠したことが 月経周期と妊娠率無月経(第一度・第二度無月経 第 一度 無 月経 な こと が 月経周期と妊娠率当診療所で妊娠された患者さん


★リンクテーブル★
関連記事無月経」「第二」「月経

無月経」

  [★]

amenorrhea
月経 menorrhea、月経異常


発症時期による分類

原因による分類

  原発性無月経 続発性無月経
視床下部性無月経 カルマン症候群 視床下部の機能障害
フレーリッヒ症候群 神経性食思不振症
ローレンス・ムーン・ビードル症候群 体重減少性無月経
プラダー・ウィリー症候群 高プロラクチン血症
  Chiari-Frommel症候群
  Argonz-del Castillo症候群
下垂体性無月経 先天性ゴナドトロピン欠損症 Sheehan症候群
empty sella症候群 下垂体腺腫
  Forbes-Albright症候群
  Simmonds病
卵巣性無月経 性腺形成不全 早発卵巣機能不全
ターナー症候群 多嚢胞性卵巣症候群
  卵巣摘出
  卵巣の放射線障害
子宮性無月経 ロキタンスキー・キュスター・ハウザー症候群 アッシャーマン症候群
子宮奇形 子宮内膜炎
処女膜閉鎖 子宮摘出術後
膣性無月経 処女膜閉鎖症  
膣閉鎖症  
その他 半陰陽(先天性副腎過形成アンドロゲン不応症) Cushing症候群
  Addison病
  Basedow病
  甲状腺機能低下症
  糖尿病
生理的   妊娠、産褥、授乳、閉経

Kupperman方式による分類

検査

無月経と基礎体温


第二」

  [★]

secondarysecondsecondly
続発性第二級第二次二級二次二次的秒間二次性続発

月経」

  [★]

menstruation, menses
月経周期





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡