立毛筋母斑

出典: meddic

arrector pili nevus
平滑筋母斑 smooth muscle hamartoma


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 立毛筋母斑の一例

関連リンク

立毛筋部の過誤腫(図 20.23).腰部,仙骨部に好発し,生後. 6 か月以内に発症する ことが多い.境界がやや不明瞭な淡褐色. 斑で,しばしば多毛を伴う. 図 20.21 面皰母 斑(nevus comedonicus). 6.エクリン母斑 eccrine nevus. 7.アポクリン母斑 apocrine ...


★リンクテーブル★
関連記事母斑」「立毛筋」「立毛」「

母斑」

  [★]

nevus, birthmark
naevus
あざ

定義

  • 遺伝的ないし胎生的素因に基づき、生涯のさまざまな時期に発現し、きわめて徐々に発育し、皮膚の色調あるいは形の異常を主体とする限局性の皮膚の奇形

分類

由来による分類

  • A. メラノサイト系母斑(神経堤由来):
  • B. 上皮細胞系母斑
  • C. 間葉細胞系母斑

母斑

通常型
特殊型
  • D. 皮膚の色素異常を伴うその他の母斑

神経皮膚症候群



立毛筋」

  [★]

arrector pili muscle, arrector muscle of hair
musculus arrector pili
毛周期鳥肌


  • [[結合組織性毛包\\から起始、表皮直下の真皮の浅層に停止する。
  • 通常、結合組織性毛包から立毛筋が起始しているが、睫毛の毛包は立毛筋を欠く。


立毛」

  [★]

piloerectionpilomotor
起毛


斑」

  [★]

macula
発疹




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡