神農本草経

出典: meddic

Shen nong ben cao jing
  • 現存最古の中国の薬物学書
  • 生薬の薬効について記載された薬物学書で、365種類の動・植・鉱物薬が薬効別に、上薬・中薬・下薬に分類して収録


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/22 04:52:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 神農本草経のABC(59)皮膚疾患の生薬(3)植物(1)
  • 神農本草経のABC(58)皮膚疾患の生薬(2)動物
  • 小根山 隆祥,細野 美佐子
  • 漢方療法 14(11), 800-805, 2011-02
  • NAID 40018710059

関連リンク

神農本草経』(繁体字: 神農本草經; 簡体字: 神农本草经; ピン音: Shén nóng běn cǎo jīng; ウェード式: Shennung Ben Ts'ao King しんのうほんぞうきょう、しんのうほんぞう けい または しんのうほんぞうぎょう)は、後漢から三国の頃に成立した中国の本草書で ...
神農本草経(しんのうほんぞうきょう、しんのうほんぞうけい)は、中国最古の薬物学( 本草学)書といわれており、個々の生薬の薬効について述べている。中国古代の伝説の 帝王で農耕・医薬・商業の神「神農」にその名を託した。一年の日数に合わせた365種の ...

関連画像

神農本草経山茱萸素材 [植物]:[281] - 無料 神農本草経とは 】神農本草経』の画像を検索  アーカイブ-神農本草経 アーカイブ-神農本草経


★リンクテーブル★
リンク元中国医学

中国医学」

  [★]

  • 三大古典の成立 前漢(前202-後8)~後漢(後25-後220)
黄帝内経:「素問」と「霊枢」からなる。陰陽五行説を基盤とする。基礎医学。臨床医学。現存最古の中国医学古典
神農本草経:生薬の薬効について記載された薬物学書で、365種類の動・植・鉱物薬が薬効別に、上薬・中薬・下薬に分類して収録。薬物学書
傷寒雑病論:張仲景によって記された。傷寒論と金匱要略に分けられた。
傷寒論:急性熱性病の治療について六病位に分けて記したもの
金匱要略:種々の慢性疾患について病名別に治療法を記したもの
  • 隋・唐
  • 金・元
  • 金元四大家により陰陽五行説を中心とした古典の整理がなされた
  • 明・清




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡