神経生検

出典: meddic

nerve biopsy
  • 腓腹神経の生検がほとんど。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 悪性リンパ腫の寛解導入後に neurolymphomatosis をきたした2例
  • 原田 斉子,冨田 稔,木村 暁夫 [他],香村 彰宏,林 祐一,保住 功,兼村 信宏,森脇 久隆,祖父江 元,犬塚 貴
  • 日本内科学会雑誌 101(1), 157-160, 2012-01-10
  • NAID 10030391408
  • 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチーの病変部における遺伝子発現の特徴
  • 飯島 正博,小池 春樹,川頭 祐一,冨田 稔,橋本 里奈,祖父江 元
  • 末梢神経 = Peripheral nerve 22(2), 161-167, 2011-12-01
  • NAID 10030408251
  • ANCA関連血管炎による神経障害 (AYUMI ANCA関連血管炎--臓器別にみた最近の話題)
  • 小池 春樹,祖父江 元
  • 医学のあゆみ 236(8), 788-790, 2011-02-19
  • NAID 40018267268

関連リンク

神経生検は次の染色体検査やDNA検査が行なわれるようになって、検査することが 少なくなってきていると思われます。神経の傷害の状態を顕微鏡下で直視できる検査で 、炎症によって神経が壊される病気や、家族性アミロイドポリニューロパチーのような 特定 ...
概要. 筋肉や神経の一部を切り取り、組織を調べて診断を行います。筋疾患及び神経 疾患において、診察所見や血液検査、筋電図検査などの補助検査でも診断がつかない 場合に極めて重要な検査です。筋肉や神経の形態的な異常や筋肉の酵素活性などを ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問083D024」「098A044
拡張検索腓腹神経生検」「神経生検像
関連記事生検」「神経

083D024」

  [★]

  • 42歳の女性。10年前から両足にびりびりするしびれ感が出現し、次第に上行した。4年前から下痢と便秘とを繰り返すようになり、半年前から立ちくらみが頻回に出現するようになったので、精査のために来院した。上下肢に、広範な筋萎縮、筋力低下および触圧覚低下を認める。腱反射は上下肢で消失。血圧は安静時臥位で120/80mmHg、起立3分後に90/54mmHgである。
  • 診断上有用な検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]

098A044」

  [★]

  • 60歳の男性。足に力が入らず歩きにくいことを主訴に来院した。6か月前から両下肢遠位部の筋力低下が出現し、徐々に進行してきた。家族歴に類症はない。両下肢の遠位部に筋力低下と筋萎縮とを認める。感覚障害はない。四肢で深部反射が亢進し、Babinski徴候は両側で陽性である,頭部と脊髄とのMRIに異常なく、神経伝導速度は正常である。
  • 次に行う検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098A043]←[国試_098]→[098A045

腓腹神経生検」

  [★]

sural nerve biopsy
自律神経機能検査法

神経生検像」

  [★]

biopsy of peripheral nerve
オニオンバルブ

生検」

  [★]

biopsy
バイオプシー診査切除術 exploratory excision試験切除術


  • 管腔臓器に対しては内視鏡を用いて鉗子で病変を採取
  • 体内臓器を穿刺する。肝、腎、前立腺

施行

条件付き

  • リンパ節腫脹:感染によるリンパ節腫脹は自然消退しうるので一ヶ月以上経過観察してから。

禁忌

  • 悪性黒色腫:転移しやすいため
  • 精巣腫瘍:血行転移のおそれ   →  ゆえに精巣腫瘍を否定できない陰嚢腫脹に対しては診断を兼ねた高位精巣摘除が標準的治療

神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡