神経圧迫症候群

出典: meddic

nerve compression syndrome
神経絞扼絞扼性ニューロパシー

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 反復するめまいへの対応
  • 橈骨神経深枝麻痺の経過について
  • 柿崎 潤,六角 智之,高橋 勇次,國吉 一樹
  • 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand 25(4), 415-418, 2009-08-31
  • NAID 10026285206

関連リンク

一般によくある末梢神経圧迫症候群には,手根管症候群,肘部管症候群,および橈骨管症候群が含まれる。神経の圧迫はしばしば感覚異常症を引き起こし;これらの感覚異常症は,通常検者の指先で,圧迫された神経を軽く叩くこと ...
そのほかには、肘で橈骨(とうこつ)神経が圧迫される橈骨神経管症候群、肘で正中神経が圧迫される円回内筋(えんかいないきん)症候群、手首で尺骨神経が圧迫される尺骨神経管症候群、臀部(でんぶ)で坐骨(ざこつ)神経が圧迫される梨 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元眩暈」「絞扼性ニューロパシー」「神経絞扼」「nerve compression syndrome
拡張検索尺骨神経圧迫症候群
関連記事症候群」「神経」「圧迫」「圧迫症」「

眩暈」

  [★]

げんうん、めまい
vertigo, dizziness
vertigo
めまい発作 dizzy spell
めまい、耳鳴り

めまいの分類

IMD. 276

SOD.134

原因部位による分類

めまいをきたしうる疾患

IMD.277

原因部位と眼振

原因部位の鑑別

研修医当直御法度 症例帳 p.22
  末梢性めまい 中枢性めまい
眼振 水平性 水平性
回転性 回転性
  垂直性
耳鳴、難聴
頭位 増強 軽度変化
カロリックテスト 陰性/低下 正常
意識消失 なし あり
神経症状 あり
IMD.279
  末梢前庭性めまい 中枢性めまい
性状 回転性が多い 回転性は少ない
強さ 強い 軽度
持続時間 数日まで 数日以上
眼振の方向 一方向性 注視方向性
自発眼振の性状 水平回旋性が多 純回旋性、垂直性
固視の影響 抑制される 抑制されない
注視眼振の増強する方向 健側 患側
蝸牛症状 多い
中枢神経症候 なし あり
悪心・嘔吐 軽度~重度 ない or 軽度

疫学

IMD.277
  • 1. 末梢前庭性眩暈:4-5割 → 良性発作性頭位眩暈が多い。
  • 2. 中枢性眩暈  :3割

眩暈、難聴をきたす疾患

    前庭症状 蝸牛症状 特徴
眩暈 難聴 耳鳴
薬剤性 ループ利尿薬 投与歴
アミノグリコシド系抗菌薬 投与歴
感染症 内耳炎  
新生物 小脳橋角部腫瘍 CT, MRI異常
特発性 突発性難聴 単発
特発性 メニエール病 発作性、反復性
特発性 良性発作性頭位眩暈症 ×   特定の頭位で発生。眩暈頭位の反復で減衰
炎症 前庭神経炎 × × 単発

検査

  • 中枢性めまいを疑う → 頭部単純CT
  • 末梢性めまいを疑う → Dix-Hallpike test

参考

  • 1. [charged] Benign paroxysmal positional vertigo - uptodate [1]



絞扼性ニューロパシー」

  [★]

entrapment neuropathy
神経絞扼絞扼性ニューロパチー神経圧迫症候群絞扼性神経障害


神経絞扼」

  [★]

nerve entrapment
絞扼性ニューロパシー神経圧迫症候群


nerve compression syndrome」

  [★]

神経圧迫症候群

entrapment neuropathynerve entrapment

尺骨神経圧迫症候群」

  [★]

ulnar nerve compression syndrome
尺骨神経圧迫


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


圧迫」

  [★]

compressioncompresssqueeze
圧縮圧迫症加圧湿布圧搾
compression


圧迫症」

  [★]

compression
圧迫症候群 compression syndrome
圧縮圧迫加圧


群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡