硝酸銀

出典: meddic

silver nitrateAgNO3
argentum nitricum
ボンハッピー


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/13 13:58:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小麦粉懸濁液の糊化過程におけるリン脂質の動態に対する硝酸銀の影響
  • 上田 愛子,大濱 恵,松田 悠衣 [他]
  • 県立広島大学人間文化学部紀要 (6), 79-86, 2011
  • The silver nitrate was added to examine the influence of the a-amylase on distribution of phospholipid during pasting process of wheat flour suspension. The peak viscosity rose as a result of measurin …
  • NAID 40018777411
  • 第36回家畜診療等技術全国研究集会・入賞論文 農林水産省経営局長賞 黒毛和種牛子牛にみられた牛丘疹性口炎
  • 図師 尚子,和田 次雄,西崎 悟 [他]
  • 家畜診療 57(10), 605-609, 2010-10
  • NAID 40017338125

関連リンク

硝酸銀(I)(しょうさんぎん いち、英: silver(I) nitrate)は組成式 AgNO3、式量 169.89 の 銀の硝酸塩である。日本の法令では毒物及び劇物取締法により劇物に指定される。銀を 硝酸に溶かすと得られる。
口内炎の硝酸銀治療について」. Q 「口内炎によくかかります。以前は、近所の診療所の 老先生が硝酸銀で患部を消毒してくれ、痛みもすぐになくなっていたのですが、若い先生 に代わってからしてくれなくなりました。その治療法を伝えても、首をかしげるだけです。

関連画像

硝酸銀「ホエイ」 25g 硝酸銀 硝酸銀硝酸銀硝酸銀硝酸銀の写真硝酸銀の画像 p1_38

添付文書

薬効分類名

  • 眼科用殺菌剤

販売名

硝酸銀「ホエイ」

組成

成分・含量(1g中)

  • 日本薬局方 硝酸銀 1g含有

効能または効果

  • 新生児膿漏眼の予防
  • 本剤はクレーデ氏法により点眼すること。
  • 通常、新生児に対し、1〜2%点眼液を点眼後、生理食塩液で洗浄する。


薬効薬理

  • 硝酸銀の濃厚溶液は強い表在性の腐食作用を示し、希薄液は収れん作用を現す。本剤はまた強い殺菌作用を有し、1:4000液はチフス菌を2時間以内に殺し、1:10000液は高抵抗性炭疽芽胞を48時間で殺す。また1:30000液でも防腐作用を有する。AgはClにより容易に沈殿を生じ作用を消失する。有機銀化合物と異なり、適用部位で組織たん白を凝固沈殿させるので、その作用は表在性にとどまる。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • 〔日局〕硝酸銀(Silver Nitrate)

化学名

  • Silver Nitrate

分子式

  • AgNO3

分子量

  • 169.87

性状

  • 本品は光沢のある無色又は白色の結晶である。
    本品は水に極めて溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けやすく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    本品は光によって徐々に灰色〜灰黒色になる。


★リンクテーブル★
国試過去問091A048
リンク元皮ふ軟化剤(腐しょく剤を含む。)」「AgNO3
関連記事硝酸」「

091A048」

  [★]

  • 急性中毒の原因と治療法の組み合わせで正しい物
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

皮ふ軟化剤(腐しょく剤を含む。)」

  [★]

商品


AgNO3」

  [★]

硝酸銀

silver nitrate


硝酸」

  [★]

nitric acid, nitrate
硝酸塩亜硝酸 nitrous acid亜硝酸塩 nitrite
  • HNO3



銀」

  [★]

silverAg
抗原




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡