破骨細胞性骨吸収

出典: meddic

osteoclastic bone resorption


和文文献

関連リンク

骨粗鬆症とは、なんらかの原因によってリモデリングのバランスが崩れて、骨吸収が骨形成を上回り、骨量の減少が著しくなることによって起こります。その他にも、骨の微細な構造の変化、小さな骨折などの蓄積、骨を作る ...
骨吸収とは 骨吸収(こつきゅうしゅう)とは、破骨細胞により古くなった骨が分解され破壊されていく減少を指す。吸収という名称が付いているが、骨からカルシウムが放出されてしまう事である。健康な状態では骨吸収により古く ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事破骨細胞」「吸収」「骨吸収」「骨細胞」「細胞性

破骨細胞」

  [★]

osteoclast OC
osteoclastus
骨芽細胞



  • 骨の吸収を行う多核の巨細胞。


吸収」

  [★]

absorption


  • 水分は小腸で80-90%、大腸で10-20%吸収される (YN.A-12)



骨吸収」

  [★]

bone resorption, resorption of the bone
骨溶解 osteolysis



骨細胞」

  [★]

osteocyte, bone cell
osteocytus
骨吸収



細胞性」

  [★]

cellularitycellularcell-mediated
細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡