瞼板腺

出典: meddic

tarsal gland
マイボーム腺 meibomian gland


眼瞼縁の分泌腺

臨床関連

  • 霰粒腫:瞼板腺の慢性肉芽性炎症で、瞼板腺の分泌物貯留によって起こる。



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/03 05:53:34」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Gatiflokxacinの外科系領域における臨床評価
  • 由良 二郎,荒田 次郎,馬場 駿吉,松田 静治,大石 正夫,佐々木 次郎
  • 日本化学療法学会雑誌 50(10), 674-699, 2002
  • … 体内動態<BR>胆嚢壁, 皮膚, 中耳粘膜, 副鼻腔粘膜, 扁桃, 耳下腺, 骨盤内性器組織, 結膜, 瞼板腺, 歯肉, 目蓋粘膜など組織中のGFLX濃度は血清中濃度の1.24~4.64倍, また, 胆汁, 皮膚滲出液, 口腔外科手術創滲出液中の濃度は1.24~9.47倍で, GFLXは良好な組織移行性を示した。 …
  • NAID 130004298080
  • 眼科領域におけるgatifloxacinの基礎的・臨床的検討
  • 大石 正夫他
  • 日本化学療法学会雑誌 47(Supplement2), 387-401, 1999
  • … <BR>2) ヒト眼内動態: 前房水中, 瞼板腺内および結膜内濃度は200mg単回経口投与後, それぞれ0.04~0.22μg/mL (2.37~24.03時間後, 対血清比0.09~0.60), 4.36~6.02μg/g (1.87~2.5時間後, 対血清比2.71~3.17), 2.27~3.46μg/g (2~2.37時間後, 対血清比1.22~1.48) であった。 …
  • NAID 130004297969
  • 眼科領域におけるgatifloxacinの臨床的検討:涙液中への移行性の検討ならびに臨床効果の評価
  • 吉野 啓,藤原 隆明,坪井 實
  • 日本化学療法学会雑誌 47(Supplement2), 253-259, 1999
  • … 新しく開発された新規のフルオロキノロン系抗菌薬gatifloxacin (GFLX) を眼瞼炎1例, 麦粒腫1例, 結膜炎1例, 瞼板腺炎3例の計6例に投与し, 有効性と安全性について検討した。 …
  • NAID 130004297957

関連リンク

デジタル大辞泉 瞼板腺の用語解説 - ⇒マイボーム腺 ... 【皮膚】より …独立皮脂腺は毛根に開口しない点で特殊な皮脂腺であり,口唇や外陰部など皮膚と粘膜の移行部に存在する。
けんばんせん【瞼板腺】とは。意味や解説。⇒マイボーム腺 - goo辞書は国語、英和、和英、中国語、百科事典等からまとめて探せる辞書検索サービスです。 ... 豊田佐吉 名言一覧 | Wiki 人間のやったことは、人間がまだやれることの100 ...

関連画像

図654] 右眼の眼瞼の瞼板腺與“瞼板腺癌切除與上眼瞼再造 瞼板腺 -瞼板腺瞼板腺(Meibomian gland) - 小小整理 瞼板腺瞼 板 腺 分泌 出口 阻塞 讓


★リンクテーブル★
リンク元tarsal gland
関連記事瞼板」「

tarsal gland」

  [★]

瞼板腺

meibomian gland


瞼板」

  [★]

tarsal plate (KH), tarsus of eyelid
眼瞼板



腺」

  [★]

gland
glandula
腺細胞分泌





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡