眼瞼痙攣

出典: meddic

blepharospasm
瞬目痙攣眼瞼けいれん



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/15 01:51:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 眼の悩み : 「まぶしい」「チカチカする」「ピクピクする」ほか シニアの「視界」と「人生」を照らす最新治療法 : 糖尿病網膜症 飛蚊症 眼瞼痙攣 老眼矯正
  • 症例 難治性眼瞼痙攣に対して新たなアプローチを用いて著効が得られた1例
  • 皆川 知広,佐藤 千草,高橋 周子 [他]
  • 形成外科 55(7), 775-782, 2012-07
  • NAID 40019377050

関連リンク

眼瞼痙攣(がんけんけいれん、Blepharospasm)は両方のまぶたの筋肉が攣縮を起こし 、まぶたが開けにくい状態をいう。不随意運動であるジストニアの一種で、局所性 ジストニアである。日本神経学会での正式用語は眼瞼攣縮(がんけんれんしゅく)。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元blepharospasm」「眼瞼けいれん
関連記事痙攣」「眼瞼

blepharospasm」

  [★] 眼瞼痙攣

WordNet   license wordnet

「spasm of the eyelid muscle resulting in closure of the eye」

眼瞼けいれん」

  [★]

blepharospasm
眼瞼痙攣


痙攣」

  [★]

痙攣

(脳脊髄性)convulsionseizure、(痛性)cramp、(痙縮)spasmconvulsive
痙攣発作
筋痙攣痙縮痙直痙攣痙攣性スパスムスパズムてんかん癲癇てんかん発作腹痛発作攣縮けいれん性れん縮こむら返り腓返り筋けいれん


分類

部位

  • 全身性
  • 局所性

原因

  • 全身性

アミノ酸代謝異常で痙攣を呈さないもの

乳幼児期の精神発達遅延+痙攣

YN.J-39


参考

  • 1. 小児科診療・2009年・6号 (103)1083 けいれん


国試


眼瞼」

  [★]

eyelids
palpebrae
マブタまぶた


上眼瞼の運動を支配する神経

臨床関連




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡