皮内試験

出典: meddic

intradermal test
I型アレルギー


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 局所性温熱蕁麻疹の1例
  • 小猿 恒志,足立 厚子,西岡 美南 [他],一角 直行,佐々木 祥人,坂田 敏郎
  • Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis 5(5), 450-453, 2011-10-31
  • NAID 10030440893
  • 汗アレルギーと蕁麻疹
  • 堀川 達弥,福永 淳
  • Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis 4(4), 208-213, 2010-10-31
  • NAID 10027572230
  • 持続血糖モニターで血糖変動を観察し, 持続皮下インスリン注入療法からの離脱に成功したインスリン抗体陽性及びインスリンアレルギーを合併した糖尿病の1例
  • 木下 淳,森本 彩,川浪 大治 [他],井坂 剛,竹下 雅子,内潟 安子,田嶼 尚子,宇都宮 一典
  • 糖尿病 53(8), 619-625, 2010-08-30
  • … 7%と増悪し,強化インスリン療法が導入され,血糖コントロールは改善した.しかし,71歳頃からHbA1c 8.6%と再び悪化し,他院入院精査でインスリン抗体陽性と即時型局所インスリンアレルギーを認めた.皮内試験で最もアレルギー反応の軽度な超速効型インスリンリスプロに変更し,Miglitol内服を併用したが血糖値は不安定で,持続皮下インスリン注入療法(continuous subcutaneous insulin infusion,以下CSII)を導入.しかし …
  • NAID 10026713544

関連リンク

目的 検体(またはその抽出液等)を試験動物に皮内注射し,その刺激反応の程度を調べます。 使用動物 ウサギ(日本白色種,雄)を3匹使用します。 方法 検体(またはその抽出液等)をウサギの背部皮内に0.2 mL注射し,投与直後,投与 ...
皮内試験は熟練と経験が必要で実施機関が少ないが、血液検査で自分の犬のアレルギ-が絞れ込めない際は有効かもしれない。 次ペ-ジ 外国では胴体を刈って実施るすが、当医院では腹にするのでそれ程目立たない。 膨疹の発赤、直径 ...

関連画像

抗菌薬使用前の皮内反応試験 このように、アレルゲンを知る 皮内試験の例における 皮 内 反応 試験 皮内反応試験「Intra Dermal Test」皮内テスト

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読みI型アレルギー」「プリックテスト」「スクラッチテスト
国試過去問095G006」「099H030」「102G019
関連記事試験」「皮内

I型アレルギー」

  [★]

type I allergic reaction, type I hypersensitivity
I型アレルギー反応即時型アレルギー反応 immediate allergic reaction、IgE依存型アレルギー反応 IgE-dependent allergic reaction、即時型過敏反応 immediate-type hypersensitivity immediate type hypersensitivity
アレルギー

概念

  • クームスによるアレルギー分類の一型

免疫反応の主体

抗原

  • 水溶性抗原

エフェクター機構

アレルギー疾患の例

アレルゲン

  • 花粉:強力。
  • ハウスダスト

検査方法

immediate reaction and late-phase reaction (IMM.571)

  • immediate reaction
30分
肥満細胞からのヒスタミン・プロスタグランジンの放出、血管透過性を亢進させる物質の素早い合成による
  • late-phase reaction
8-12時間
肥満細胞が放出したchemokineにより白血球細胞が遊走してくることによる



プリックテスト」

  [★]

prick test
皮膚プリックテスト
アレルギー


概念

  • IgE依存型で即時型アレルギーの判定に有用な検査である。皮膚に抗原液をつけて、その部分をプリック針で軽く傷つけてその部分の膨疹径を測定する。

参考

  • 1.
[display]http://www.health.com/health/library/mdp/0,,zm2742,00.html
  • 2.
[display]http://dustmitespedia.com/articles/allergy-skin-test-picture-skin-prick-allergy-test-pictures
  • 3.
[display]http://www.mamakai.net/archives/2006/11/post_78.html



スクラッチテスト」

  [★]

scratch test
掻爬試験



095G006」

  [★]

  • 25歳の女性。3日前から右耳に掻痒を伴う皮疹が出現してきたので来院した。3週前からピアス型イヤリングを使用していた。右耳介の写真を以下に示す。
  • 行うべき検査はどれか。


※国試ナビ※ 095G005]←[国試_095]→[095G007

[正答]
※国試ナビ4※ 095G005]←[国試_095]→[095G007

099H030」

  [★]

  • 30歳の男性。3か月前から右足第4趾間部に鱗屑が生じ、痒みを伴っている。趾間部の写真を以下に示す。 行うべき検査はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099H029]←[国試_099]→[099I001

102G019」

  [★]

  • 組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G018]←[国試_102]→[102G020

試験」

  [★]

examinationtesttestingassessmenttrialexamexamine
アセスメント計測検査検定試み査定試行調べる診断治験調査テスト判定評価検討影響評価実験デザイン研究デザインデータ品質対応群スコアリング法

循環器

  • ヴァルサルヴァ試験 Valsalva試験:行きこらえをさせる方法。胸腔内圧が上昇して静脈還流量が減少する。また、左心室の大きさが減少する。HOCMでは駆出路が閉塞しやすくなり、胸骨左縁下部の雑音が増強する。

消化吸収試験

  • 脂肪
  • 蛋白
  • ビタミンB12

肝臓異物排泄能

カルシウム

ビタミン

  • ビタミンB12欠乏

血液

  • ショ糖溶血試験:(方法)等張ショ糖液に血液を加える。(検査)溶血の存在。低イオン強度では補体の赤血球に対する結合性が増し、発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては溶血をきたす。スクリーニング検査として用いられ、確定診断のためにはハム試験を行う。
  • ハム試験 Ham試験:(方法)洗浄赤血球に塩酸を加え、弱酸性(pH6.5-7.0)条件にする。(検査)溶血の存在。発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては弱酸性条件で補体に対する感受性が亢進するため


産婦人科

内分泌

  • 過塩素酸塩放出試験:(投与)123I過塩素酸塩、(検査)甲状腺シンチによる甲状腺の123I摂取率:橋本病先天性甲状腺機能低下症。甲状腺のヨードの有機化障害の有無を検査する甲状腺核医学検査法。過塩素酸塩は甲状腺から有機化されていないヨードを追い出すので(サイログロブリンに取り込まれていないヨード)、本試験は有機化障害をきたす疾患の検査となる。

視床下部-下垂体-糖質コルチコイド

高血圧

  • 立位フロセミド負荷試験:(投与)フロセミド、(検査)血漿レニン濃度:フロセミドでhypovolemicとし歩行負荷で交感神経を興奮させレニンの分泌を促す。原発性アルドステロン症の場合、レニン高値のまま無反応。

膵臓

膵外分泌機能

  • BT-PABA試験, PABA排泄試験, PFD試験
  • セクレチン試験:(投与)セクレチン、(検査)十二指腸液:分泌量、総アミラーゼ量、最高重炭酸塩濃度を測定。最高重炭酸塩濃度を含む2項目以上の低下で慢性膵炎が確定診断される。
  • 消化吸収試験
  • 便中エラスターゼ1定量、便中キモトリプシン定量

腎臓

ガストリノーマ

感染症



皮内」

  [★]

intradermalintracutaneousendodermicintradermallyintracutaneously




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡