痕跡蛋白尿

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

必要となる。1 日尿蛋白量が 0.5g 以上持続する場合は,. 腎生検の適応と考えられる。 B.フォローアップに必要な検査. 蛋白尿を発見され外来を受診した患者の診療方針,. 特に腎専門医へ紹介する時期は,病診連携システムの. 蛋白尿. (-) ~痕跡 ...
(3)尿蛋白と血清クレアチニン値の同時測定は、CKD早期発見、腎と心血管予後の 予知に必要か? (4) CKDの特定保健指導、 ..... 蛋白尿陰性)のハザード比. 腎イベント : 対照群(eGFR60ml/min/1.73m2以上、アルブミン尿30mg/g未満、蛋白尿痕跡以下) に ...

関連画像

腎臟科醫師的倚天劍和屠龍刀


★リンクテーブル★
関連記事蛋白尿」「尿」「痕跡

蛋白尿」

  [★]

proteinuria
タンパク尿
尿タンパク尿症蛋白尿症
(臨床検査)尿蛋白

定義

  • 蛋白質の尿中排泄量が150 mg/日(4mg/時/m2)を超えた尿 ⇔ 健常者 10-100 mg/日

分類

疾患と部位

IMD.162
腎前性 多発性骨髄腫、横紋筋融解症、
不適合輸血
腎性 糸球体性 急性腎炎、慢性腎炎、
ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、
全身性エリテマトーデス、アミロイドーシス、
腎硬化症
尿細管性 Fanconi症候群、急性尿細管壊死、
慢性腎孟腎炎、痛風腎、
重金属中毒、アミノグリコシド系抗菌薬、
間質性腎炎
腎後性 尿路感染症、尿路結石症、尿路系腫瘍
出典不明
  • オーバーフロー性タンパク尿
  • 高アルブミン血症によるアルブミン尿
  • 異常症タンパク質出現によるタンパク尿:多発性骨髄腫 BJP
  • 糸球体性タンパク尿
  • 透過性上昇・ネフローゼ症候群・AGN
  • 尿細管性タンパク尿
  • 100%が近位尿細管(特に曲部)における再吸収
  • 刷子縁膜に共輸送体担体が存在する


  • Kidney International, Vol. 63 (2003), pp. 1468?1474
  • Proteinuria and the risk of developing end-stage renal disease


尿」

  [★]

urine
urina
尿浸透圧尿量


臨床関連

尿中への代謝物質の異常排出

尿の色

決定する要素:ウロビリノゲンヘモグロビンミオグロビンなど


痕跡」

  [★]

追跡トレース微量未発達
(骨の先天奇形の一型)remnant




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡