出典: meddic

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/24 15:12:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新・女のからだ養生学(17)目の下のクマから心臓まで 「血(けつ)」のトラブル解決法
  • くらしの泉 食 原性大腸菌O157対策には家畜や堆肥の管理も必要
  • 施設の紹介 医療法人久仁会 鳴門山上
  • 岩佐 学
  • 訪問リハビリテーション 2(5), 325-329, 2013-12-00
  • NAID 40019528394

関連リンク

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・ 焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などを特徴とする精神疾患である。 目次. 1 概要; 2 うつ病という言葉に関する注意; 3 症状; 4 診断. 4.1 「うつ状態」と「うつ ...

関連画像

文殊兰叶斑病kushta美人蕉銹病localisation: 爪周囲(爪)診断 Getty Images)兰花炭疽病

添付文書

薬効分類名

  • アレルゲン検査薬

販売名

アレルゲンスクラッチエキス「トリイ」猫毛

効能または効果

診断 

  • アレルギー性疾患のアレルゲンの確認
  • 用法及び用量
    診断
    通常乱刺または切皮法により皮膚面に出血しない程度に傷をつけ、本品1滴を滴下し、15〜30分後に膨疹径が対照の2倍以上または5mm以上を陽性とする。

重大な副作用

ショック

(頻度不明)

  • ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、くしゃみ、蕁麻疹、血管浮腫、不快感、口内異常感、喘鳴、耳鳴等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
先読みdisease」「sickness」「疾病
リンク元疾患」「病気」「不調」「病害
拡張検索特発性血小板減少性紫斑病」「カシン・ベック病」「ウシ白血病」「黄熱病ワクチン接種

disease」

  [★]

  • n.
疾患illnessより厳密な概念。「ある臓器に明確な障害が確認され、それによって症状が出ているとはっきり説明できる場合」 (PSY.9)
特定の原因、病態生理、症状、経過、予後、病理組織所見が全てそろった場合 (PSY.9)
  • something that is very wrong with people's attitudes, way of life or with society.
ailailmentdisease entitydisorderillillnessmaladysicksickness
  • 注意
diseaseillnessdisorder


WordNet   license wordnet

「an impairment of health or a condition of abnormal functioning」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(体の)『病気』,疾患 / (精神・道徳などの)病気,病弊」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「女性の話術芸人 =diseur」


sickness」

  [★]

  • n.
  • 不健康。病気。吐き気、むかつき、悪心、嘔吐。胃の不調
ailailmentdiseaseillillnessout ofsickupset

WordNet   license wordnet

「defectiveness or unsoundness; "drugs have become a sickness they cannot cure"; "a great sickness of his judgment"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉『病気でいること』;〈C〉(個々の)『病気』 / 〈U〉吐き気(nausea)」


疾病」

  [★]

disease, illness
[[]]


疾患」

  [★]

disease, disorder, disturbance, illness, sickness, malady
疾病病気
疾病障害乱れ無秩序病害病気病弊



病気」

  [★]

疾病不快不調病害疾患


不調」

  [★]

sicknessupsetout of
混乱、ない、範囲外病気転覆


病害」

  [★]

disease
疾病病気疾患


特発性血小板減少性紫斑病」

  [★]

idiopathic thrombocytopenic purpura, ITP
ヴェルルホフ紫斑病 Werlhof purpura、(immune thrombocytopenic purpura← これは上位の疾患概念?)
血小板減少

概念

  • 血小板に対する自己抗体によって血小板数が減少し、出血傾向をきたす自己免疫疾患
  • 他の自己免疫性疾患による血小板減少は除外(除外診断)。
  • 他の自己免疫性疾患との合併も多く、自己免疫性溶血性貧血・SLE・橋本病などが合併しうる。

疫学

  • 有病率は人口 10万人に対して約15人
  • 急性
  • 小児に多い。ウイルス感染などの後に発症。6ヶ月以内に治癒。
  • 慢性
  • 成人(10歳以上。20-40歳)女性に多い。緩慢に発症。軽快と増悪を繰り返す。

病因

症候

  • 出血症状:皮膚の紫斑・鼻出血・歯肉出血・月経多過

身体所見

  • 脾腫(巨脾にはならない)
  • 急性特発性血小板減少性紫斑病:軽度の発熱、脾臓の軽度腫大?(10%の子供の患者にみられるが、正常な群でも同程度みられる。また、脾摘を受けた患者では脾臓の重さは正常であった。(WCH.1537) → つまり脾腫は一般的な症状とは言えない)

検査

血液

  • 血小板数 10万 /μl 以下。赤血球数・白血球数は正常

骨髄検査

  • 正形成。巨核球数は正常or増加
  • 血小板付着を欠く巨核球が多い。
[show details]

免疫血清学的検査

診断

成人の慢性ITPの診断基準

  • 厚生労働省特定疾患特発性造血障害研究班(2004試案)
  • 1.血小板減少(10万/ul以下)
  • 2.末梢血塗沫標本は正常
  • 3.以下の検査のうち3項目以上を満たすこと
(1)貧血がない
(2)白血球減少がない
(3)末梢血液中の抗GPIIb/GPIIIa抗体産生B細胞の増加
(4)血小板関連抗GPIIb/GPIIIa抗体の増加
(5)網状血小板比率の増加
(6)血漿トロンボポエチン軽度上昇にとどまる(<300pg/ml)
4.他の免疫性血小板減少を除外できる(SLE, リンパ増殖性疾患, HIV感染症, 肝硬変, 薬剤性)。

鑑別診断

治療

modality

  • ステロイド
  • 免疫グロブリン
  • ヘリコバクター・ピロリの除菌
  • 脾摘

治療の選択

出典不明
  • 血小板数3万/ul以上:経過観察
  • 血小板数1万-3万/ul以上 or 重篤な粘膜出血:経口ステロイド
  • 血小板数1万以下-3万/ul以上:免疫グロブリン

参考

  • 1. 妊娠により重症化した難治性特発性血小板減少性紫斑病に対して摘脾が有効であった1例
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/labmed/ITP.pdf
  • 2. 難病情報センター | 特発性血小板減少性紫斑病(公費対象)
[display]http://www.nanbyou.or.jp/entry/303

uptodate

  • 1. [charged] 成人における免疫性(特発性)血小板減少性紫斑病の臨床症状および診断 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 成人における免疫性(特発性)血小板減少性紫斑病の治療および診断 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 成人における慢性難治性免疫性(特発性)血小板減少性紫斑病 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 小児における免疫性(特発性)血小板減少性紫斑病の臨床症状および診断 - uptodate [4]
  • 5. [charged] 小児における免疫性(特発性)血小板減少性紫斑病の治療および予後 - uptodate [5]

国試




カシン・ベック病」

  [★]

Kaschin-Beck disease
カシン・ベック症候群 Kaschin-Beck syndrome地方病性変形性骨関節炎 osteoarthritis deformans endemica


ウシ白血病」

  [★]

bovine leukemiabovine leukosis
ウシリンパ腫地方病性ウシ白血病


黄熱病ワクチン接種」

  [★]

yellow fever vaccination
黄熱病ワクチン黄熱病




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡