用量反応関係

出典: meddic

dose-response relationship
薬物用量反応関係 drug dose-response relationship、用量反応曲線 dose-response curve
濃度反応関係、効力検定致死量



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/24 20:00:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 相対効果を設定したロジスティックモデルによる部分作用薬の評価
  • 山田 雅之,仁木 直人,浜田 知久馬
  • 日本薬理学雑誌 136(1), 36-41, 2010-07-01
  • … 医薬品開発において開発候補化合物の特性を評価する方法の1つに,用量反応関係の解析がある.広い用量範囲で用量反応関係を検討できるin vitro試験では,用量反応モデルを当てはめて推定されたパラメータを用いて化合物の特性評価が行われる.薬物の最大効果が実験系の最大効果に達しない部分作用薬では,用量反応モデルのパラメータの他に薬物の最大反応の程度を示す相対効果についても興 …
  • NAID 10026544554
  • 身体合併症をどのように扱うか,そしてどのように予防するか (特集 精神科疾患者の身体合併症にどう対応するか)
  • 長嶺 敬彦
  • 日本精神科病院協会雑誌 29(2), 109-114, 2010-02
  • NAID 40017002695

関連リンク

用量反応関係(ようりょうはんのうかんけい)とは、生物に対して化学物質や物理的作用 (放射線や高温・低温などの刺激・ストレス)を与えたときに、物質の用量・濃度や作用 強度と、生物の反応(薬効や有害性など)との間に見られる関係をいう。 ...

関連画像

用量反応関係 ・ Dose–response  の用量と作用:用量-反応曲線 用量―反応関係の検討のための 用量―反応関係の検討のための薬物の用量―反応関係


★リンクテーブル★
先読み用量反応曲線」「効力検定
リンク元致死量」「50%有効量
関連記事関係」「用量」「反応

用量反応曲線」

  [★]

dose-response curve
最大効力用量効力
  • 薬の用量(一般的には対数値)を横軸、生物系の反応を縦軸にプロットして得られる曲線
  • 薬の用量と反応の関係を知ることができる。


効力検定」

  [★]

titer test
力価検定



致死量」

  [★]

lethal dose, fatal dose, LD
致死用量
用量反応関係


  • 有効治療量を超えた薬物投与により、ヒトまたは動物が死に至るときの薬物量。


50%有効量」

  [★]

50% effective dose median effective dose ED50
50%致死量有効量治療係数用量反応関係
  • 50%の反応性を示す用量


関係」

  [★]

関わる関心、関する、観点関連関連性敬意結合結線心配相関相関性相互関係相互作用属する妥当適切結びつける連結、連絡、適した意味づける懸念接続関係性相関関係

用量」

  [★]

dose, dosage
製剤線量投薬量投与量服用量薬用量薬物用量
  • 使用できることができる量 → 使用量、投与量とは区別したいところ。


反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡