生物学的利用率

出典: meddic

bioavailability
生体利用度生物学的利用能バイオアベイラビリティ生体利用能バイオアベイラビリティー

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/09/29 15:09:01」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アミオダロン静注から経口薬による維持療法への移行 : 血中濃度からの考案
  • 志賀 剛
  • 心電図 = Electrocardiology 30(4), 354-358, 2010-10-22
  • … アミオダロン静注薬は,生物学的利用率(吸収率)が低い経口薬と異なり,確実な薬物投与を可能にした.しかし,静注薬による急性期治療から経口薬による維持療法へ移行する際に,双方の薬物動態の差異がアミオダロンの抗不整脈効果に影響を及ぼす可能性がある.経口薬によるアミオダロン治療を導入する場合,早期の効果を得るために400mg/日の初期負荷投与を14日間行うことが多い.この背景には,アミオダロ …
  • NAID 10027704899
  • 創薬段階での In vivo 吸収性評価
  • 中井 康博
  • 日本薬理学雑誌 133(6), 337-340, 2009-06-01
  • … 薬物の吸収には複数の機構があるため,創薬段階においてもそれらを含む高次評価としてモデル動物を用いたin vivo評価を実施することが望ましい.しかし,in vivoの評価系では代謝なども寄与する生物学的利用率(Bioavailability:BA)と吸収率を切り分けることは煩雑な手技が必要となる.適切な仮定をおくことによって,限られた情報の中からBAと吸収率を算出すること,適切なモデル動物の選択をすることによりヒトに …
  • NAID 10025740894

関連リンク

当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。 生物学的利用能
生物学的利用能(bioavailability:BA)と同義語.経口投与された薬物は,腸間膜から吸収され門脈から肝臓を経て循環血に入って作用を発現する.BAは投与された薬物のうち全身循環血中に到達した薬物の量の割合を示す.医薬品 ...

関連画像

 改良 された 生物 学的 利用 率 利用 率 バイオルテインの生物学的利用 利用 率 は 約 100 で あった 表 3  生物学的利用率を達成:日経Patent Drawing


★リンクテーブル★
リンク元生体利用能」「生物学的利用能」「バイオアベイラビリティ」「バイオアベイラビリティー
関連記事利用」「生物」「」「生物学」「生物学的

生体利用能」

  [★]

bioavailability
生体利用度生物学的利用能バイオアベイラビリティ生物学的利用率バイオアベイラビリティー


生物学的利用能」

  [★]

bioavailability
生体利用度バイオアベイラビリティ生物学的利用率生体利用能バイオアベイラビリティー


バイオアベイラビリティ」

  [★]

bioavailability
生体利用度生物学的利用能生物学的利用率生体利用能バイオアベイラビリティー


バイオアベイラビリティー」

  [★]

bioavailability
生体利用度生物学的利用能バイオアベイラビリティ生物学的利用率生体利用能


利用」

  [★]

useusageutilizationutilisationexploitationuseutilizeutiliseexploitemploytake advantage ofmake use ofharness
開拓開発雇用、使用、活用使う用法利用化ハーネス用途駆使装備


生物」

  [★]

果肉生物学生物学的生物体生物学上肉体生命体生物的


率」

  [★]

rate
  • 集団における現象発生の頻度を表す指標。全体に対する部分の割合を示す。
  • 値は0~1


生物学」

  [★]

biologybiologicalbiologicbiol
生物学的生物生物学上バイオロジー


生物学的」

  [★]

biologicalbiologicbiologically
生物学生物生物学上




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡