環形動物門

出典: meddic

Annelida
環形動物

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/08/08 06:51:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 尾瀬ヶ原湿原のヒメミミズ科(環形動物門環帯綱) (雪氷の生態学 : 彩雪の生物群集)
  • 鳥居 高明
  • 低温科学 70(-) (-), 93-98, 2012
  • 環形動物門環帯綱のヒメミミズ科は, 尾瀬ヶ原において雪氷中や水中, 土壌中など, 幅広い環境からみつかっており, 寒冷で湿潤な環境に適応した一部の種類にとって, 尾瀬ヶ原の様な高層湿原は, 生息に適した環境であることが推測される. …
  • NAID 40019324544
  • 尾瀬ヶ原のアカシボ雪に出現する貧毛類(環形動物門環帯綱)の生態学的特徴 (雪氷の生態学 : 彩雪の生物群集)
  • 大高 明史
  • 低温科学 70(-) (-), 87-92, 2012
  • 尾瀬ヶ原のアカシボ雪中に貧毛類が豊富に出現する理由を探るために, 貧毛類の生物学的特性を湿原や雪の環境特性と対比させて議論した. 無雪期の尾瀬ヶ原湿原で見られる貧毛類群集は, ヒメミミズ科やミズミミズ科を主体とした比較的少数の種類からなり, 半水生種や無性繁殖が可能な種類が多くを占める. 貧毛類は本来, 低温環境を好む傾向があり, 尾瀬ヶ原湿原に生息している貧毛類の多くは, 本来の生理生態学的性質 …
  • NAID 40019324538
  • 琉球列島から初めて見つかったヒルミミズ類について(環形動物門 : 環帯綱 : ヒルミミズ亜綱)
  • 藤田 喜久,川原 剛,丹羽 信彰 [他],諸喜田 茂充
  • 沖縄生物学会誌 48, 25-33, 2010-09-15
  • NAID 10026984239

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元Annelida
関連記事」「環形動物」「動物」「環形

Annelida」

  [★]

annelidsegmented worm

WordNet   license wordnet

「segmented worms: earthworms; lugworms; leeches」
phylum Annelida


門」

  [★]

phylum
分類学
  • 分類学の用語
->亜門->


環形動物」

  [★]

annelidAnnelida
環形動物門条虫類

動物」

  [★]

animal
動物性動物界

環形」

  [★]

(生物命名法)annulata




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡